FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

≫ EDIT

引き続きコロナ

緊急事態の宣言が解除になり、6月1日はちょうど月曜日だったこともあって、心機一転、お仕事や学校に行き始めた方も多いと思います。とは言え、コロナが急に消え去るわけはありませんので、引き続き予防に励まないといけませんね。

さて、先の投稿で【6月の予定】を一覧にしました。再開される講座については、空気の入れ替え、距離を取る等、できる限りの対策を取りたいと思っています。
ただ、不十分な会場もあり、再開については私も疑問に思うこともあります……受講人数に制限をかけるしか、無いのでしょうか。

残念ながら、引き続き休講の講座、今期は取りやめになった講座があります。生徒の皆さんには申し訳ないですが、事務所の英断だと思いました。





このように、私はコロナについて慎重な立場です。
慎重すぎて、仕事も学校も怖いと思っています。
しかしそれでは生きていけないのですよね。「経済が回らないから」とまで言うのは極端ですが、怖くてもスーパーには行かないといけないし、宅配便も回覧板も受け取らないといけない。郵送で教材を送ったり、お稽古もしています。でないと「暮らし」が成り立たない。誰の役にも立てない。

きっと、多くの人がこういうジレンマを抱えているのでしょうね。
最大限妥協して、「自分が感染者だと思って」他人に接するときは気を付ける、距離を取る、マスクを必ずつけ大声を出さない、アルコール消毒液を持ち歩く……出来ることや気付いたことを、やっていくしかないようです。

でも、やってはいけないことはあります。
自分がコロナに対して危機感を持てないからと言って、気にしている人に対して、「ただの風邪だから」などと言ってはいけない。
従来のコロナウイルスは普通の風邪症候群であっても、今回の新型コロナウイルスは未知の部分が多い故に恐れられています。だから世界中がこんなになっているのです。

私は原発事故を思い出します。
それから、飛行機事故についての話を思い出します。
「飛行機事故での犠牲者は、自動車事故で亡くなる人より少ない。だから飛行機は安全」というものです。この話で、飛行機に乗るのを怖がる人を、説得することができると思いますか? この話を持ち出し、「確率のわからない人はこれだから」と笑って見せることは、正しいことですか?

少なくとも、新型コロナウイルスは飛行機事故よりも悪質です。
ただ、飛行機に乗らないという選択肢があるのと同様、コロナには予防する、という方法があります。
大丈夫という話を広めるより、危険だから予防しようという話にしたほうが建設的です。数字を隠蔽して「正しく恐れる」というのでなく、できる限りの対策をする。うんざりだとか、怖いからと言って耳をふさぐのでなく、新しい情報は常に仕入れる。これが本当の「正しく恐れる」です。

| 徒然 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【6月の教室予定】

新潟県は緊急事態が解除されましたが、引き続き慎重にレッスンを行っていきます。
カルチャーセンターごとに考えが違いますので、同じ私の講座ですが、対応が違っています。ご了承ください。

何より、安全第一! 不安のないのが一番!
教室が再開しても、不安なかたは無理なさいませんように。

●関原教室
 通常開講。

●長岡イオン教室
 通常開講。
 広い教室に場所変更しています。

●新潟駅前カルチャー教室
 通常開講。
 各講座3人まで。

●新潟日報三条教室
 今月も見合わせです。
 講座料は返金されます。

●新潟日報長岡教室
 今期の講座は取りやめとなりました。
 講座料は返金されます。


<開講しているけれど、不安な時は…>

開講したけれどコロナ原因でお休みされる方に、4つの方法をご用意しました。
講座の受講料以内で対応しますので、オンラインなら10分と短いですが、ご利用ください。
1.オンラインレッスン
2.撮影した動画でやりとりするレッスン
3.Youtube見るだけレッスン(篠笛の方のみ)
4.宿題郵送(1回欠席の方にはその日の授業内容のプリントを送ります。1ヶ月丸々来られない方にはCD付きお稽古セットを1回送ります)

<講座そのものが無い月などは…>

今月は講座が休み、今後講座が無い、というときは、カルチャーセンターのほうから受講料の返金が行われます。
その場合、上の1~4の代講を【1回1000円】で受講していただけます。


<オンラインレッスン>

オンラインレッスンも行っています。通常レッスンと同額です。
上記2~4も承ります。
時間、料金、内容等、詳しくはお問い合わせください。

| ♪楽器・演奏・教室 | 10:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

越後姫

農産物直売所でいちごを買ってきました。
「越後姫」



バケツ入りっていいですよね。
なんかいい。

実家に居た頃は家の隣が畑で、家の敷地と同じ面積の広大さだったので、いちごは買ったことがありませんでした。
毎朝、おじいちゃんおばあちゃんがバケツ一杯摘んでくる……
ピーク時は多く採れすぎて、ご近所の玄関に置いてきたり、通りすがりの人に貰ってもらったりしていたようです。
それでも家の中は食べるのに追いつかなくて、ジャムをたくさん作ったり、潰してシャーベットを作ったり、消費に必死でした。おばあちゃんは蜂蜜や牛乳をかけて、昼間の水分の代わりにしていました。それも一日中は食べてられないので、朝食の時にマヨネーズを試したり。

いま思えば、すごく贅沢でしたね。
「いちご食べ」
「いらん」
と平気に言えてました。いつでもあるし、ジャムも大鍋に何杯もできて、ビンでたくさん保存してあって。
なんでそんなに作ったんや、と思わないでもないのですが、戦中派の祖父母は、孫に「足りない」という思いをさせたくなかったのかも。来年は畝を減らしてみる、という話もしていましたが、足りなくならないように慎重に減らして、そして採れすぎてた模様。
(夏にはこれがスイカになるわけです……生食でしか消費しようがないスイカに比べて、イチゴはまだ何とかなったほうでした)

何も知らないで世の中に出てきた私、イチゴの値段にびっくり。食傷しているから買おうという気にもならないし。でも実家を出て20年以上過ぎ、買うことに抵抗も無くなってきました。

いまは三女のためにイチゴを買っています。
そう、このバケツのイチゴ「越後姫」は、ヴィクトリア姫さんへ。



私たちは下賜されたものを食べます~。

| うちの子たち | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母の日2020

次女が、「心を込めて30分で作ったんだから、写真も撮ったんだから、ちゃんと自慢しといてよ!」
と言って送ってきた写真。

20200510


貰った写真をアップするだけの簡単なお仕事でした。
( ゚σω゚)ホジホジ…

作ってくれた気持ちが嬉しい。美味しかったし。
そんな私はと言えば、母へのプレゼントが間に合わず、「プレゼントは後日着きます」というメッセージだけ送りました(^^;

| 徒然 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20年ぶりのプリン

プリンを作りました。大きいプリン。



どれくらい大きいかというと。



プリンを作るのは、約20年ぶりです。それまではよく作って長女に食べさせてたんですが。
次女が離乳食の時、食べなくて。
この食感がダメらしく、プリンのほかに豆腐や茶わん蒸しもダメでした。
それで作らなくなりました。長女、とばっちり(笑)。

当時のレシピはどれだったかなぁ~。分厚い本を調べるのも面倒なので、ネットで調べて簡単に作りました。
作ったあとから「20年ぶりかもしれん」と思って。味も再現すれば良かったと思いました。遅い(笑)。


最近よく作っているのは、いわゆるアメリカン・ビスケットです。ケン○ッキービスケットです。
小さいかけらは、ヴィクトリアさん用。メープルシロップもつけて。

 

甘みがなく、食事にするのがビスケット。ケ○タッキーで育った私としては、メープルシロップで食べるのが一番です。
作るのはとても簡単で、なんと準備~焼き上がりまで30分! クイックブレッド(すぐできるパン)の仲間です。

これに似たものとして、イギリスのスコーンがありますね。スコーンは、少し甘めの焼き菓子。割れた部分を「狼の口」と言い、この割れ目から手で水平に二つに割って食べるそうです。
名門ホテルのペストリーシェフによると、「スコーンとビスケットの違いは、たった小さじ2杯の砂糖と1個の卵だけ」。

ビスケットの層をきれいに作るには、抜型の場合、鋭利でないとダメらしいです。また、切ったあとの断面は触らないこと。
丸い鋭利なものが無いので、包丁でザクザクと切りました。
三角にもしてみたけど、辺が多いほうが嬉しいから、四角に戻りました。
チョコチップを入れるときはスター○ックス風に三角かな。


パンもいろいろやってみてます。ベーコンと玉ねぎとチーズのパン。



上からドライパセリを飾れば売れるんだけどなぁ(笑)。家で食べるので、質実剛健。

| 徒然 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT