FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

≫ EDIT

3月13日

今月の卒業式その3!

20190313

7年間、非常勤として勤務している私の本務校です。小中学校併設なので、小学生の頃から一緒に歌ってきた生徒も居ました。
またこの1年勉強してきて、最後に卒業記念合唱を全校で歌えたことに幸せを感じました。
(小6は中1になって帰ってくるので、楽しみです)

やはり中3の力は大きくて、このメンバーによって合唱の響きや色彩がぐっと変わります。今年の中3はホンワカと温かく、でも声のしっかり出る学年でしたので、ハーモニーは美しくかわいらしく、選曲も自然と明るく綺麗なものとなっていました。
ここへ小学生さんたちが加わり、主旋律にボリュームを添えてくれました。この子たちがまたウマイ! おおいに助けられ、中学生は「ハモりを頑張る!」と目標が明確になりました。
今年のメンバーらしい、いい合唱でした!


見送りながら涙(っていうか号泣)した在校生たち……そこまで思えるほど先輩方との絆を深められてたんだなぁと思うと、3年生だけでなく在校生の成長に、先生方も一斉に涙腺崩壊(笑)。


残念なことに私はその後、見送りに参加する時間がなくて、後ろ髪引かれる思いで帰宅しました(TT)
午後からのレッスン、こちらも頑張るし、生徒さんの成長に毎回嬉しい思いが溢れますけども(*´罒`*)

帰宅して最初に、びくたんに「お土産~。おまんじゅうかな? あとで一緒に食べようね」とちょっと渡して、また返してもらいました。

20190313-3

返してもらって、夜までテーブルに置いておいたら、先にちょっとかじられた(箱だけ)。
覚えてたか~~。

20190313-4

食後のデザートに頂きながら、卒業式を思い返すひととき。
前日にメッセージをもらったのも嬉しいことでした。

20190313-2

これ、メッセージも嬉しいんだけど、渡してくれる時の表情とかがまた嬉しいのです。
年間40回ちょっとしか会わない非常勤のことなんて覚えてないものですけど(笑)、私のことは明日にでも忘れても、音楽って良いものだってことが皆の心に宿ってくれてたらいいなと、いつも思っています。

| 徒然るつぶやき | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月4日

今月の卒業式その2でした。

20190304

いただいたおまんじゅう&別件でいただいたおやつ。

卒業生の記念合唱のピアノ伴奏がとにかく困難で。私はお正月から時間を見つけては練習していました。その点「頑張った!精一杯やった!」と言えます。送り出す側からすれば力いっぱい送り出した!
卒業式のラストがその曲なので、始まる前から緊張しすぎて、式典の冒頭にやらかしてしまいました(><)

生徒たちって凄いと思いました。
歌はちゃんと歌えるし。
何のカンペも見ずに、立ったり座ったり動いたりしてる。
私は紙を見てたのに、ダメだなぁ……。

授業のラストの時にこういうのもらったんだった。今までもらった中でいちばん実用的。賢い!

20190304-2

生きる力もたっぷり持った卒業生たち。これからもっと大きな困難があったりするかもしれないけど、乗り越えていってくれそうだと思える頼もしいメンバー。
大きな困難のあとには大きな喜びがあって、自分にも大きな力と思い出が残るから、ときには上手に逃げながらもガッツでやっつけていって欲しいと思います。


ということで、広い世界へ踏み出す卒業生たちに、エールを込めて退場音楽を演奏しました! 私にできることの中の最上級の方法で関われて良かったと思いました。

| 徒然るつぶやき | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月1日

3月は怒涛の卒業式ラッシュ。そのため、2月から合唱指導であちらこちらへ走り回っています。
教えるために、私はお正月から歌とピアノの練習をしてきました。歌を教えるにもピアノ伴奏するにも、全パート覚えていないと話になりません。
そうやってバタバタしているうちに、ついに3月になってしまいました。


「卒業式その1」は、まず次女の卒業式((o(*>ω<*)o))
ここの高校の特色は、入退場の曲や合唱伴奏など、全てオケによる生演奏なところ。
女子がほとんどですから、合唱もきれいで心洗われるようでした。

音楽科はいちばん端だから、よく見えました

20190301-1

この3年間、毎日5時半起きでバスで通いました、よく続きました。(私もお弁当よく頑張った!)
帰宅してからもレッスンに出掛けたり、休日も学校行事や音楽科行事、コンクールに演奏会があったりと、なかなか休めない日々でした。
私も送り迎えや付き添いで、仕事の時間も体力も削られました。
これだけやりましたので、「満足!」以外の感情が無くて、全く泣けなかった(笑)。
入場の時から泣いていらしたナナメ前のお母さん、泣ける気持ちがあるのがちょっと羨ましかった(笑)。
この日私がうるっと来たのは、卒業式のあとの最後のホームルームで、中学校から私が送りだした生徒がスピーチした時だけでした。小学6年生の時から知ってるから心配もしたし、頑張っていろいろ乗り越えて成長した姿を見て、この子は人生もう大丈夫、と安堵したからです。
あとは大学で学びを深めて、より良い人生にしていってほしい。


さて、我が家。4月からは次女は進学のため一人暮らしになります。卒業後に帰ってきたとしても、その時は今度は長女が家を出ている確率が高いです。次女が生まれてから20年近くを家族4人で暮らしてきましたが、この3月はその最後の月となりました。
(そのまた数年後に4人暮らしになるのも、それはそれでヤメテクレ独立シテクレって感じですからね……)
これまでも次女の卒業式には何故か長女がいいタイミングで居たりしましたが、今年も居ました! 仕事休みでした! ですので、高校卒業を家族で見守りました。


昼食は15時前になってしまったから、開いているところということで、お寿司屋さん。

20190301-2


ようちえんでびくたんを拾って、一緒に帰宅。

20190301-3

一緒に下校するのも最後です。
隔週木曜日は私が新潟市で講座を持っているので、次女とびくたんと三人で車で行って、高校に次女を置いて、ようちえんにびくたんを置いて、お仕事に行っていました。帰りも一緒。そんな登下校も、もう3年経ちました。早かったなぁ、と言いかけて思うのですが、けっこう長かった(笑)。思い返すとギッシリ詰まっているから、3年前が凄く昔のことに感じます。
充実していた証拠だと思います!

| 徒然るつぶやき | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄県民投票!

沖縄、投票日、いろいろあったけど、今日。
辺野古反対を呼び掛けた人は入国しただけで拘束されるし、地元国会議員が出てきただけで釈放されるような後ろ暗い理由だったようですが······中国・北朝鮮(でクローズアップされる悪いイメージ)ばりの日本、まだ投票の自由はちゃんとあります。
結果は反映されないけどな!(投票の自由w)

どっちでもええねん、賛成反対どちらに投票しようが、自分の意見やねん。しかしこの動画でスバっと言ってる。この投票の意義とは「投票すること」。腑に落ちました。




私は何も出来ないけど、自分の子が勇気持って無理難題に立ち向かうのを見守るイメージになってしまった。結果じゃなくて勇気を見せること自体を応援する。投票しても同じなのだから行くな、じゃなくて、行って勇気と気持ちを見せるんだと、見てるよと、そんな雰囲気を作ることが本土の人間の役割でしょう。

世界でこれ、どう見られてるかですよ。
あと、沖縄、基地はこれひとつではないねんな!

| 徒然るつぶやき | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合唱シーズン!

北海道の皆さま、大丈夫でしょうか? 寒さには慣れていらっしゃるとは思いますが、マイナス30℃を下回ったとのニュースに大変驚いております。雪の御苦労も推察いたします。
(ご近所さんで親しくして頂いたSさんも北海道……こちらのブログに非公開コメントを頂いたりしますが、私の返信はご覧になれるのだろうか? と、ブログ開設者のくせによく分かってない私でした(T T) 大丈夫とは思っていますが、何か私に手助けできそうなことがありましたら御一報ください!)

しかし、長岡は、ホントに降らない!
雪深くて有名な、かの入広瀬へ続く道で、やっとこんな感じでした。

20180208-3

除雪がうますぎて、民家があるあたりは道路が露出していたりします。通勤が快適!

学校の玄関からグラウンドを見たところ。 ※クリックで拡大します

20180208-2

クルマ停めてたら足元が埋まりました。 ※クリックで拡大します

 20190208

ですが、ずっと雪が地面と平行に降っていたので、クルマの上にはほとんど積もらずでした。地面にばかり積もっていく。いいのか悪いのか(--;
私ぁ長靴キライなんだよ!
「女子高生か!」と言われようが、普通の靴で雪に埋もれながら歩くほうを選びます!!
車に乗ったら、足元ヒーター出るもん。通勤時間が長いから、帰宅するまでに乾くんですよ(何)。

昨年の今頃は入広瀬に勤務することになって、「大丈夫か!?」と不安でしたが、今年は少雪で助かりました! 1年限りのお勤めだし、たとえ大雪になったとしても生徒に会うために意地でも欠勤しないつもりです。
そんなちょっとした心配も、あと1ヶ月ほどになってしまったんですねぇ。
ずっと勤務している学校のほうも、3年生卒業まであと1ヶ月ちょっと。

この時期になると合唱三昧になります。勤務している中学校に加えて依頼をいただくので、小学校へ行き、中学校へ行き、中学校へ行き、小学校へ行き……。
学校によって人数や男女比率が違うので、作戦も必要になります。同じ歌を歌っても、ひとつとして同じ合唱にならないのが楽しいです。ひとつの助言で声が変わったり、手の動きで表現が変わったりしてくれるので、小中学生の素直さとポテンシャルに、毎回ワクワクする時期。

これが授業も受け持ってきた学校だったりすると。
1年間タネを蒔いてきたのが発芽して、そこそこ咲いて文化祭。そのあと更に成長して実を収穫できるのが卒業式なので。
4月、10月、3月のそれぞれの声を頭の中で比較したりして、生徒の成長に負けないようにこちらも熱くなります。
卒業式は私にとって最大の収穫期! 
それを、生徒だけに歌わせるわけじゃなくて、指揮や伴奏として関わらせてもらうことがどれだけ幸せなことか。
それぞれの生徒の最高の状態を、他の先生方や保護者さんたちに見ていただけるように! そう思って準備しています。 

毎日勤務しているわけじゃなく、年に50回にも満たない回数しか顔を合わせないからこそ、皆の1ヶ月の成長を大きく感じる。毎回、バラバラと置いてきたピースが、ひとつの絵になるこの時期。

気が張っているので、おかげで絶対に病気に罹りません(笑)。
最後の1回まで生徒は成長するので、私もまた1年分成長した知識と能力とで、頑張って対応していきたいと思っています。

| 徒然るつぶやき | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT