FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

≫ EDIT

門下の出演について。松雲山荘@2019/11/2

2019年のメモ……11月2日、柏崎は松雲山荘で篠笛を演奏してきました。

20191102

photo by 弟子のYちゃん。ありがとうございます♪

20191102-3


私の演奏会でなく紅葉ライトアップイベントでの演奏なので。当然、篠笛どころか音楽にも興味のない方もいらっしゃいますし、篠笛1管はじっくり聴くにはいいけど、通りすがりで聴いてどうとかなりそうにないので、無理は承知で助っ人をお願いしました。

おひとりめは、うちの上手なお弟子さん、柴野さん。

20191102-2

柴野さんには「暗譜してきて」と無茶振りをしました。ばっちりでした☆

もうおひとりは、太鼓の田村佑介さん。

20191102-4

お忙しい中、お仕事のイベントの途中に駆けつけてくださいました。
いつも助けてもらっています。ありがとうございます(>人<)




楽器を教えている人の中には、生徒やお弟子さんに発表の場を与えない人も居ますが、私は機会があれば出て欲しいし、私もお手伝いしたいと思っています。
まぁ、擁護するならば、発達途上の生徒を外で演奏させないことには、メリットもあります。まず、生徒本人が恥をかいたり、へんな批判を受けるのを防げます。次に、聴いてくれる人は褒めてくれますので、演奏者本人が「巧くなった」と勘違いして練習しなくなることがあるから…それも防げます。また、生徒さんによっては「巧くなって、演奏させてもらうようになろう」と発奮する人もいるでしょう。
でも言わないけど、一番は、「あの門下はヘタだ」と言われるのが嫌なんだろうと思いますよ。

私は、恥かいてもらってもいいと思いますので。恥かいて、うまくなる。だから、どんどんひと前で演奏して欲しいです。
でも、大々的に恥をかいて欲しいのじゃなくて、内輪で。笛やってる人同士とかで聴きあったり、発表会に出たりするのがいいと思います。
みんな、人のことより自分の演奏のほうがヤバい、恥ずかしい、と思っているものですから。自分で思うようなことを他の人は思っていません。
ひと前で演奏すると、どんどん上手になっていきます。
※もちろん、演奏しっぱなしではダメ。きちんと反省するなり、自分の気付いていないところを上級者に直してもらわないと、そこでストップしてしまいます。

慣れたら、ちょっとしたイベントに出演してみると良いと思います。
それすら、止める先生が居るらしいですけど……頼まれたのなら、出たらいいじゃない! 主催者がそれでいいって言ってくれてるのだから。その代わり、何か言われたり失敗して恥かいても、それこそ自己責任なので(笑) 練習にも気合いが入るってものでしょう。 
出るなと止めたり、まだ早いと貶めたりする必要は無いと思っています。
まぁ、指導の方法なんてそれぞれご自由ですけども。練習していて何が楽しいか? どうすれば楽しみながら達成感を味わえて、上達もするか? を考えたら、自分の門下はこうだと答えは自ずと出るでしょうね。

| ♪楽器・演奏・教室 | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年

遅ればせながら、2020年もよろしくお願い致します。

昨年は慣れない仕事に頭がいっぱいで、事後記録ブログになってしまっていました。演奏会の告知を前夜にしてみたり! ついには何も載せなかったり! ラフなことをしてしまいました。今年はそういうのナシにしたいなぁ、と思う次第です(^^;

さて、2020年。
仕込みは2019年のうちに、ですが、食べるのは年頭ということで、最初の仕事は「おせち」づくり。
家で作る人は年々減り、「3人にひとりは『お取り寄せ』を利用」という話もあります。完全手作りは15パーセントほどとのこと。

その生きた化石シーラカンスの如き(そこまででは無い)、完全手作りをしている我が家。去年は伊達巻ですら家で焼きました。が、今年は作る気が完全に無く。
まぁ、煮物(炊き合わせ)くらいする?
といった気持ちで臨みました。
その後、
田作り用のお魚と黒豆をもらったから作るか……
そして、家族から、
「くわい食べたい。」

結局、いつものおせちから数品抜いただけのものができました。煮物と言っても、素材ごとに味付けを変えて作るから、手間が掛かります。ということで、掛けた時間は例年とあまり変わりありませんでした!
何のための「今年はやめた」決意だったのか。

20200101

夫の実家で作りましたので、買ってくださってたかまぼこも詰めてみました。自宅で作るときは、かまぼこ入れない。みんなあんまり食べない。私好きなのに(--;
写真奥の白いカップには黒豆を入れる予定。

20200101-2

ごまめの田作り、これはゴマ味とクルミ味と、2種類作りました。
くっつくんですよね。ワンチームってやつですね!

写真はありませんが、この他に巻き寿司を作りました。毎年、コメ欲しいな~と思っていたので。今年は、やりました! 普通の巻き寿司と、サラダ巻きの2種。
なんだかんだ作りましたね……。


こんな調子で料理ブログっぽいですが、そこそこ音楽的な記事も上げたいと思いますので、今年もまたご訪問いただければと思います。
教室、演奏会共々、どうぞよろしくお願い致します。

| 徒然るつぶやき | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松雲山荘で篠笛演奏

紅葉の美しい頃となりました。県内各地は施設の開放、ライトアップ、各種催しなどで賑わっておりますね。
私は11月2日(土)の夜、柏崎市の松雲山荘で篠笛を演奏させていただきます。
17時~と18時~のそれぞれ30分間です。

助演を、門下の柴野孝子さん(篠笛)、そして無理を言って新潟市の田村佑介さん(太鼓)にお願いしました。
田村さんは新潟の公演から駆け付けてくださいますので、18時の回だけかもしれない?です。ご了承くださいm(_ _)m

晴れればいいなと思いますが、雨のもみじも趣きあってなかなか良いものです。色鮮やかな気がします♪
とても寒いとのことですので、暖かい服装でお越しください。


出演者の名前が載っていませんが、ライトアップイベントのご案内ページがこちら

| 徒然るつぶやき | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐渡で「動物の謝肉祭」演奏

11月9日(土)、アミューズメント佐渡(第一練習室)にて「子どもたちへの音楽のメッセージ 動物の謝肉祭」に参加させていただきます。




佐渡在住のピアノ指導者(チェンバリスト)佐藤世子さんからお誘いいただき、2度目の佐渡での演奏♪
今回はなんと長女(コントラバス)もお世話になります( ˙꒳˙ )マヂカヨ

メインプログラムである「動物の謝肉祭」は、「白鳥」「水族館」など、単体でも有名な曲がたくさん詰まった組曲で、いろんな楽器が主役になります。タイトルと楽器の音色から、子どもたちの想像が無限に広がっていくことでしょう!
島内の子どもたちに音楽を届けたいという佐藤さんのこれまでのご活動やお気持ちの詰まった、あたたかい演奏会になると思っています。そのお手伝いができることに喜びを感じております。

佐渡のみなさま、
共演のみなさま、
どうぞよろしくお願い致します。

| ♪楽器・演奏・教室 | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新潟日報長岡発表会(9月16日)

1ヶ月過ぎてしまいましたが、9月16日(月祝)は、新潟日報カルチャースクール長岡教室の発表会でした。
スクールで開設されている講座のうち、ステージ発表できる講座が出演。ウクレレあり、舞踊ありのバラエティに富んだ発表会でした。
会場はアオーレ長岡、市民交流ホールA。立ち見の方もいらっしゃる、満席以上の大盛況でした。

篠笛教室は、「荒城の月」「笛吹童子幻想曲」「かごめ」の3曲で参加しました。

「笛吹童子幻想曲」は私のソロでした。
20190916

何百人か居る会場が、水を打ったようにシーンとなりました。
吹いていて、お客様の息遣いも分かるようでした。
笛でなくても良いのですが、たくさんの人がひとつの音に集中して静かに身動きもしない様子というのは、この慌ただしい世の中、なかなかに貴重です。演奏のあとの雰囲気は、座禅のあとの開放感に似ている気がします。
あの静かさを味わいに、また笛を聴きに来てくださる方もいらっしゃるくらい。


これは「かごめ」の時の様子です。

20190916-2

見えませんが、座っている私は太鼓を打っています。

写真はA藤さんが撮ってくださいました。特に告知をしていなかったのに、当日アオーレに来たら発表会があった、とのことで、差し入れを持って観に来てくれました。ありがとうございました♪ 
こういう支え合いが、私の知らないところでも時々あるようで。教室内のあちこちで「嬉しいね」という声が聞かれるようになりました。最近知りました(^^;
やっぱり教室は、こちら(講師)がどうこうするよりも、生徒の皆さんで創り上げていくものなんだな! と実感する出来事でした。素敵な方々に恵まれて、日々幸せを頂いております。感謝。


7月に能楽堂でおさらい会をしたばかりで、準備も慌ただしかったですが……おさらい会の時に練習されたことが効いて、皆さんとても上手になっておられたと思いました。
上達のコツは、やっぱり場数かなぁ。

| 徒然るつぶやき | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT