FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の定番

まだ梅雨の新潟で連日の天気は雨ですが……
気温が上がってくると食べたくなるのが、これ。※調理中(笑)

夏の定番

「ラタトゥイユ」です^^

温かくして食べても良し、冷蔵庫で冷たくして食べても良し。
これを作っておくと、娘たちが朝から喜んで、たくさん食べてくれます。お弁当にも便利☆

いろいろ作り方はあるのですが、水を使わないやり方が我が家に合っていて美味しかったので、何年間かはずっと同じようにしています。水を使わない利点は、とにかく野菜の味が楽しめること! 地場産、朝採れのものがスーパーに並んでいたり、知り合いの方からお野菜を頂いたり……夏にカラフルな野菜が出回ると、食べたくなります。



簡単なので、私流の作り方を折りたたんでおきます♪ ぜひお試しください♪↓


ラタトゥイユのレシピ

材料

・ オリーブオイル(炒め用)
・ プチトマト(普通サイズのトマト、トマトジュースで代用ok)
 →皮は剥きます
・ なす、ズッキーニ、玉ねぎ、にんじんなど、好きな野菜
 →一口大に切ります
・ 塩



作り方

1.なすを入れる場合は、切ってから塩をして、水分を搾っておきます。
  トマトは湯剥きして、小さくカットしておきます。

2.ズッキーニ、なすをオリーブオイルで炒めます。
  野菜がいちど油を吸うのですが、炒め続けていると放出しだします。ここまで炒めると仕上がりが油っぽくならない。

3.にんじん、玉ねぎなど、残りの野菜を入れます。かぼちゃ等、柔らかいものを入れるときは、仕上げ間近に。

4.軽く炒まったら、トマトを入れ、塩をします。
  トマトジュースの場合は、野菜の量にもよりますが、100ccとかで良いです。
  スープにならないように。

5.鍋にフタをして、弱火でじっくり火を通します。野菜から水分が出ます。
  かき混ぜたいところですが、野菜が潰れるので、かき混ぜないようにします。
  気になるときは、鍋を傾けて上下をそっとひっくり返すくらいで。

6.野菜が柔らかくなったら、味を見て、塩を足すとかします。


以上で、出来上がりです。
ズッキーニは必ず欲しいかなぁ……玉ねぎと。
カラフルになるので、にんじんも良いですね。ピーマンやいんげんなどは、柔らかいのが好きな人は早めに投入、しっかりしたものが良いなら、かぼちゃのタイミング(5のラストくらい)で。

とにかく、「汁物」にならないようにするのがポイント。じっくりと火をとおして、野菜から出る水分に任せる感じです。野菜の味が濃い、おいしいラタトゥイユになります。
関連記事

| 食いしん坊ちゃん万歳 | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/834-46ca0e97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT