FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食事のこととか

次女が風邪で幼稚園を休んでいます。
風邪は5日目ですが欠席はまだ2日目なので、「送り迎えをしなくていいから楽」程度です。
一昨年からはメンタルな部分から登園拒否もやりましたので、2日、3日、1週間程度の欠席はもはや何とも思わなくなった私です。
来年からは1年生なので、そうも言ってられないけど。

うちの家族は、風邪をひこうが胃をいためようが、普段どおり食べる人たちばかりです。
私はとてもムリだけど(--;
次女は若干、病気の前には食欲が落ちますが、病中にはものすごく食べます。
故に、「病人食」というものは、胃を壊しているから消化の良いもの、とうい程度に軽く考えていれば良く、今回のような風邪引きさん相手では、まったく考慮しなくて良かったりします。


というわけで、今日の晩御飯に鯖寿司を作ってみました。
うちには押し型がちゃんとあって、海老の箱寿司などよく作るのですが、これは関西人かつおばあちゃんの居る家庭で育ったから?
材料を並べて酢飯を詰めるだけ、とても楽に作れるから忙しい時に助かってしまうのですが、たまにお弁当に入れると、よそのお母さんから「押し寿司って家で作るものなの?」とツッコミが入ることも。
確かに、材料の仕込みはめんどくさい。
鯖だったら下処理して酢に漬けて…海老だったら茹でて皮をむいて……となります。
が、
忙しいのにそんなことしてられない昨今ですので、〆鯖を買って参ります。下ろしてあるので便利です。
「はい、ここに調理したシメサバがあります」
と料理教室でもやっているではないか。
……あれは時間短縮か、違うか。

その買ってきた〆鯖。
押し型を使うと洗うのが面倒なので(鯖はニオイと油が……)ラップにしいて、上から、あらかじめ作って冷ましておいた酢飯を乗せます。
ラップを畳みながらほどよく押していって、最後にぴっちり包み上げます。
これを冷蔵庫にて放置。夏場は冷蔵庫が安全。
食べる頃には、ごはんと鯖がしっかりなじみあっている予定。
手もちっとも臭くなりません。
レッスンの合間に作るにはもってこいの鯖寿司です。

根本的に、レッスンの合間に鯖寿司作るのもどうかというところですが。
全予定終了させてから調理にかかると食事時間が遅くなるので、お寿司は手ごろなのですよ……ふふふ。
関連記事

| 徒然 | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/69-2a8cd2c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT