FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ネタ

某TV番組で、「あなたのおかんネタを教えてください」とやっているのがある。
ロケ場所は、大阪。
するとさすが大阪、「うちのおかん……」と話を始めるのである。

その視点には、愛がある。おかんを暖かい目で見てるから、「うちのおかん、おもろいねん!」とネタにすることが出来る。

というわけで、娘たちに訊いてみた。
「あんたら、おかんのおもろいネタ、ある?」
と。
娘はハッキリ言いました。
「ない」
……ないんか……。

続きがあった。
「うちのおかん、関西人ちゃうもん」
!!
そうであった、私は関西人の枠から、はみ出していた。娘を育てたのは関東および越後。下の娘に至っては、産んだところから越後だ。
ついでに言うと、関西人がみんなパワフルでおもろいかと言うと、そんなこともない。私はおとなしい部類だ。たまに実家で親やいとこが話してるのを聞くと、引いてしまう。
めんどくさ、と思って、自分のサービス精神の無さにガッカリしたりする。

さらに娘が言うには。
「おかんじゃなくて、ばーちゃんのおもろいネタなら、ある」
らしい。
ばーちゃんは関西人だ。言動も、まんま関西人。やっぱりそうでなきゃ、ネタにならないのかなー。

ネタを提供するほうも、サービス精神と、ネタにされて「そんなん言うたかー?」というカラっとした精神が無いといけないと知る。

我が家に「おかんネタ」は無理だと思った。



……でも、「娘ネタ」はいっぱいあるぞ。
「隔世遺伝」もまた、確かな法則である。
関連記事

| 徒然るつぶやき | 02:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/678-8db30505

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT