fc2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

定期演奏会×2

長岡高校吹奏楽部と、長岡向陵高校吹奏楽部の定期演奏会を聴きにいってきました。

土曜日は長岡高校吹奏楽部。
黙祷からはじまり、しっかりとした構成で進んでいきました。
フレージングはさすがでした。コンクール曲がよく練習できていて、西関東大会出場の理由がよく分かりました。

新潟ってどこもそうなんですが、1部が大曲で、2部がポップス等なんですよね。お客様や自分の集中力があるうちに大曲を、ということらしいですが(私が聞いたところでは)、私の故郷、姫路市では逆なんです。最初に簡単なポップスで気分や楽器の調子を上げ、身体がほぐれて音がよくなったところでコンクール曲等、という流れでした。昔は第三部まであったような気もするけど、最近は知りません。

前者の場合、音が鳴りきっていないので残念かなぁ、といつも思ってしまいます。コンクールと条件は同じ、という点ではいい練習になるんですけど、せっかくの自分たちの演奏会なので、しっかりコンディションを整えて臨めたかどうかで、1部の出来が変わってきますね。


日曜日は長岡向陵高校吹奏楽部でした。
自由な校風が感じられる、のびのびとあたたかい雰囲気でした。

構成は前日の長岡高校と同じでしたが、そう無理をしないプログラムで、コンクール曲も気になりませんでした。マーチを連発したせいもあるかも、音量や音色が2部と変わらないだけ出ていました。
楽器紹介やアンサンブルなどバラエティに富んだ構成で、「聞いてもらうための選曲」という感じがしました。コンパクトなプログラム故に、最初から最後までMAX! が可能だったのかも。企画者に拍手!


職業柄、現状の演奏をどうしたら評価が上がるか、効果的な練習方法は、とか考えてしまって反省。気付いては思考をオフにしたり、脳内で騒がしい鑑賞をしてしまいましたが……

学生が頑張って奏でるものは、それぞれに素晴らしい!
合唱もそうですが、子どもたちの懸命な姿には、ウルっと来ます。

これからも楽しんで、時には真剣に、音楽と付き合って行って欲しいなぁと思った二日間でした。
関連記事

| 徒然 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/538-02caad55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT