fc2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

姫路城 修理と「姥が石」

ゴールデンウィークは例年通り、実家巡りの旅でした。
姫路と尾道。
どっちも観光名所として有名ですね。住んでると何にも無いんだけど……。

さて、前半は姫路に居りました。
残念ながら、姫路城の修理は開始されてしまっていて、城は先月より足場で覆われていたようで……5年後の完成までに一度見ようと思っていたのに、残念でした。
代わりに、ジャスコに買い物に行ったときに目に付いたので、元市民として募金してきました(笑)

bokin

箱の上部、平成の「姥が石」という文字が見えるでしょうか?

秀吉が姫路城を建設するとき、石垣の石集めに苦労していると聞きつけた貧しい老婆が、せめてこれをと寄贈した石臼。噂が広まり、以後多くの石が集まったという逸話があるのですが……
この石は、今も乾(いぬい)小天主北側の石垣に残っており、「姥が石」と言われています。

市民なら知っているこのお話、この時期に居合わせたのも何かの縁と、これを踏襲してきたのです^^



なお、平成26年度までの保存修理工事期間中でも、大天守の工事に影響のない期間は、内部の見学が可能だそうです。
(ただし、素屋根の建設、撤去の期間中には、一時的に大天守内部を見学出来なくなります)
平成23年春ごろには大天守を覆う素屋根が完成する予定で、それに合わせて、公開用施設も整備されるようです。

詳しくは、姫路城公式ホームページにて確認できます。
関連記事

| 徒然 | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/456-ee60d5f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT