FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2006年レッスンはじめ

火曜に自宅レッスン。
水曜にヨークカルチャー。
金・土曜にタナカ楽器。
……と、今年もレッスンがはじまりました。

自宅とヨークは拘束時間が短いけれど、タナカ楽器は金・土とも長い。正直逃げたい日もあったりなかったり。
レッスン中は楽しいから、あっという間に時間が過ぎるのですが……その後の疲れっぷりを思うと、出勤前は足が重いです(笑)。
ですが。
昨年末は早めに冬休みを開始し、年始は遅めのスタートとしたので、元気に始めることができました。


実は今月・来月で、篠笛とフルートの曲を1曲ずつ上げないといけない。
どうやったらいい音が出るか?
教えながら、自分でも研究する日々です。
(ついでに小学校での役員生活もラストスパート!)

そこへ飛び込んできた、生徒からの伴奏依頼。
生徒さんからの依頼ならば、身体の空いている限り「喜んで!」という私ですが、今期は結構大事な演奏も控えているところでもあり、二つ返事で、というわけにはいきませんでした。
いや、やってあげたいんですけどね。
合唱や合奏の伴奏はいいんだけど、ソロ演奏の伴奏って、異常に緊張するんですよね……(^^;

そしたら、
「たまには緊張するのも必要ですよ」
とか言われてしまいました。
それって私がいつも生徒さんに言ってるセリフだったりして……見事に一本取られました。
一理ある(*'‐'*)


どっちにしても、ピアノの練習は邪魔者が眠った夜中にヘッドフォン使ってやるタイプだし、時間的には問題ないんだよね。
それよりも、ソリストである生徒さんのほうに、どれだけの演奏技術を伝えられるか、それを伝える表現を私がどれだけ見つけられるか、そっちのほうが大変なのです。
年始早々、いい宿題もらったわ……(〃∀〃;)

体調崩して2年ほど停滞していたところですが、今年は再び“攻め”の年になりそうです。
他の生徒さんの中でも、初心者の域を出てきた方がちらほら……指導者として、今まで以上にフルート演奏の楽しみを感じてもらえるように、表現力を鍛えていきたいと思っています。

今年もよろしくお願い致します。
関連記事

| ♪楽器・演奏・教室 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/41-d3f8d0c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT