FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楽器の選び方

新学期がはじまって、そこそこ日数も経ちました。そろそろ楽器選びについての質問が増える季節です。
習い事をはじめたり吹奏楽部に入部したりで、楽器を購入することが多いこの季節、どれくらいの値段のものを買えばいいのでしょうか? とよく訊かれます。

好みが特に無ければ、ご予算との相談で、出してもいいなと思えるだけ出せば確実なんですが……そうも言ってられませんよね。

まず、いちばん多いケースが、「楽器を買っても、長く続けられるかどうか分からないからもったいない」と、安いものを求められるケース。
これはやめたほうがいいです。逆に辞める確率がupします。
何故かと言えば、安い楽器はやっぱり「それなり」なんです。頑張って吹いても、「それなり」の鳴り。
「こんなに苦しいのにこんな音しか出ないのか」と思ってしまったら、続ける気が失せても仕方ないですよね(笑)
また、「吹いても吹いても上手にならない。向いてない。楽しくない。」と思ってしまうかもしれません。

違うんです! 楽器が悪いんです!!

というわけですので、予算が許すなら、10万円ははたいてください。
予算が無い場合は、中古楽器という手もあります。
楽器は、新品より、しばらく使ったもののほうが吹きやすいです。最初のつらい部分を人が吹いてくれてる上に値段も安いので、絶対お得です。
中古を買うときの注意点は、
1.信頼のおける楽器店で買いましょう。
2.オークションで買った場合は、オーバーホールに出しましょう。

オーバーホールに出すとけっこう予算が掛かりますので、やはりオーバーホール込みで売っている楽器店がお奨めです。2のケースは、初心者の方はやめたほうがいいと思います。
予算と中古が無い場合は、それに近い値段のものを選びましょう。

次に多い質問が、メーカーについてです。
ブラスバンドなら、先輩が使っている楽器のメーカーと同じものを買えば、音色が合わせやすいかもしれません。
個人の方なら、好みで選べばいいのですが、ネット上でよく「○○のフルートは高音が~だから××のほうが良い」とか書かれていますが、気にしないほうが良いかと思われます。吹き方自体が完成されていなかったり、自分の吹き方をそのメーカーに合わせないで吹き比べて批評しても、あんまり意味がありません。

そう、大事なのは、自分の吹き方や口の形等なのです。でもそれは、初心者の人はまだ定まってなくて、決めることが出来ません。
そこで登場するのが、楽器店の店員さん及び教室の先生なのです!
実際に店で吹いてみて、音を聞いてもらうと良いです。習うのなら、先生を決めてから楽器のアドバイスをもらいましょう。初心者にはこういうのが吹きやすいよ、というノウハウを持っているはずですので、聞いてみましょう。


ざっくりとした比較を、ホームページ上に載せていますので、あわせて参考にしてみてください。
→はじめてのフルート選び
関連記事

| ♪楽器・演奏・教室 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/329-1e60187a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT