FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

演奏。上達しちゃいましょう!①運動能力

全日本吹奏楽コンクール」が、今年で53回目の開催中です。
毎年夏~秋に行われるこのコンクールは、昭和15年にスタートし、3回目に戦争で中断、戦後は31年から再開されています。
8月1日現在、ちょうど最初の地区予選が終わったところですね。高校野球のように、勝ち進んで(選ばれて?)、最後に全国大会出場……といくわけですが、どの組もそれなりに~相当頑張っているわけで、昨今の〈運動会の徒競走で順位をつけない〉ような教育とどこか矛盾を感じるのは気のせい……ということにしておきましょう(ぉぃ。

高校、特に中学校の部の話になりますが、事実、子供たちの技術は年々上がってきています。楽器演奏というのはやはり環境も大事で、いいトレーナーに恵まれると上達が早かったりします。最近はいいトレーナーが大勢いますし、情報も早いし、楽器を持って3~4ヶ月の子供が楽器暦30年の大人顔負けの演奏を見せてくれることもあります。
それも全く不思議じゃないのです。
普段聴いている音楽も違うから、リズム感もいいですし。
幼稚園児のフルーティストがいて、小学生低学年が音大受験の課題曲を名演しても、何の不思議もない…いや、マジで(汗)。

ところでその楽器演奏について。ぱっと聴いて「巧い!」と感じる要素とは何でしょうか?
私は、

①音色
②アーティキュレーション
③指回し(早いパッセージの演奏)

この3つが印象度高いと思います。
ものすごく大雑把に、〈練習〉と絡めてみると……、

①音色……いいトレーナーやプレイヤーの音を聴き続ければ耳が育つ→いい音の真似をするようになる→研究する→いい音になる
②アーティキュレーション……タンギング、スラーなど、日々反復練習することによって、それ用の筋肉が鍛えられる、また、コツをつかむことができる。
③指回し……日々反復練習。
日々の練習が、やはりモノを言うのです。練習時間……取りたいけど取れない社会人には耳が痛いね(^^;

楽器演奏もある程度は運動と同じっぽい。
「1日練習しないと3日下手になる」と、聞いたことはありませんか?
まぁ、相当上級者や何十年も吹いているベテランは、ちょっと吹けば1週間ぐらいのブランクは取り戻せますけど……それでも指の動きは加齢と共に、日々衰えているのです。
30歳過ぎたら要注意かも。ああ、クワバラクワバラ。

スポーツと同じで、よいコーチに付くと効率よく上達を助けてもらえるので、「時間のない人こそ習いに行く」意味があるように思います。気付かなかった楽しみに気付かせてもらえたりと、人生何倍も得した気分になることもあります。

というわけで、演奏について少し解体してみたところで、詳しい内容はまた別の日に。



→ 「レッスンのつぼ」 トップページ(記事一覧)へ
関連記事

| ♯レッスンのつぼ | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/3-8275b89d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT