FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

笛を選ぶ

発表会前にやること。
笛を選ぶこと。二択までは簡単に絞れますが、問題はここから。

20210408

上、蘭照さんの古典調六笨調子。漆仕上げ。
下、朗童さんの古典調六笨調子。燻し竹。

究極すぎる。
音量や遠達性、音色はどちらも遜色ない。
ただ、その鳴り方が全然違う。

ヴィクトリアさんの推しは、蘭照さんの笛。倍音が豊かで柔らかく、音がとろけるようです。
まさにドルチェ。
フルートでは一緒に歌ってくれるけど、篠笛では歌ってくれないワンコさん。でも、いい感じの蘭照さんの笛だと、歌ってくれるのです。フルートより1オクターブ低く(笑)。

あ、倍音って、笛の音を機械で計る人とか居ると思うんですけど、あくまで目安です。吹き手が笛ごとの特性に合わせてそういう吹き方をしてこそなので、目安にもならないかもしれない。
例えばフルートだと、良い楽器であればあるほど、その性能いっぱいいっぱいで演奏できている人は少なかったりします。良い楽器であるが故に、多くの人は8割9割までで満足してしまう。普通に「良い楽器」として、高評価されています。
ところが、その先に領域展開すると、明らかに他とは違う異様な鳴りが含まれてきて、まさにその音が最大の特徴であり魅力なんですよ。
(ちゃんと鳴らせってことです)


私が使っているフルートはパウエル社のもので、しかも古いシステムのもの。
いちど、今よりラクによく鳴る最新のものにしようとしましたが、師匠が待ったを掛けてくれたので、やめました。
まさに上記の理由です。
よく鳴る、というのは、本当によく鳴っているか? 
鳴って聴こえるだけではないか?
例えばホールで吹いたら、理想的に響くか?
よく鳴ってるというその普段の状態から、さらに私と楽器の状態が良いとき、異様に鳴り響くことがある。それが新しい楽器に備わっているか?

楽器や学問としての研究の歴史が深い、フルートという楽器で言えば、こんな感じ。
そこで篠笛ですよ。
響きの気持ちよさをフルートで慣れているのだから、それとは違う響き方をする篠笛でないと、「やっぱりフルートがいいや」ってなってしまう。
そこへ持ってきて、蘭照さんの笛は遜色ない気がします(モノにもよる)。
和楽器の音の響き方をしながらも、西洋楽器特有の、空間を音で満たす感じもある。

一方、朗童さんの笛。
師匠が持っている先代さんのでなくて、二代目久保井朗童さんの笛だけれども。
高めの倍音が強い感じで、清々しい。矢のように遠くへ飛んで行きます。凛とした音。
写真のは燻しですが、私が持っているのでは古典の七笨調子が異次元です。場を充たしつつ、遠くへ行く。
この燻しも、「竹がいいのが無い、頼んでたところが作るのをやめたから他も試したけど、ダメだった。だから燻しはあるだけで終わり」というものでした。

方向が違うから選べない。演奏会だったら双方使う。
でも発表会は1曲なんだよねえ~。

これを書きながら、まさに考えています。

祭囃子だし、鯉沼先生のところだし?
皆さんが私に期待する音色は、朗童さんのほうなのかな?
とは言え、その時のコンディションにもよるので、2管持参します。ギリギリまで悩むんだろうな~。


なお、衣装については適当に用意します。洋服でもいいと思ってるくらいです……。
密を避けるため、控室に入場制限があるから、簡単なのにしたい~。
関連記事

| 徒然 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/1545-8075def3

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT