FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

練習方法

レッスンのとき、それ以外でも、練習方法を訊かれることがあります。レッスンの時はその方に合う方法を教えるけど、それ以外の人は、私が時間無さそうなのにどうやってるのか、気になることがあるらしい。いや、簡単ですよ、練習してな(*´ェ`*) ……ゲフンゲフン。なんでもありません。

やり方は実は無限にあります。ベテランなら、1週間にトータル30分もやらなくても、コンサート前に詰めればピーク、いや、なんなら前よりもうまくなれる。
ただし、メカニカルなものはダメ(´×ω×`)
特に、人間の指の動きに反した曲はダメ。
前にやったことがあっても、頭の中を整理しながら練習しないと、加齢に負けます(笑)。
こういうのは運動能力でもあるので、脳を効率よく使い、身体を動かさないと時間の無駄になります。


オーソドックスな練習方法を言うと、基礎練習とエチュードってやつをやります。いくら人間の動きに反していても、曲だと意味が無い。
もっと、動きに反している「なんとかのエチュード」というものが、フルートにはレベルに応じてたくさんあります。ロングトーンとスケールやってから、そのエチュードをやる。時間の無いときは、曲はさわりません。

もっと時間のないときは、ロングトーンとスケールだけしかしないのです。究極はここでしょう。

曲ってものはね、演奏会と発表会の前だけやるんですよ……楽器触る時間が無いのに曲やってる場合じゃない。
曲ってものは、ロングトーンとスケール、そしてエチュードに出てくる音階でほぼできてるんですよ。


時間がなくて練習ができないなら、それなりに頭を使っていきます。講師にはノウハウがありますので、どんどん訊くべき!
「とにかく楽器を持って……」
と、忙しい社会人に向かって言うような先生は、教えることを放棄していると、私は思います。そういう方は学生だけ教えてればヨロシ。音楽の楽しさを街に広めるような仕事は向いてません。
関連記事

| 徒然 | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/1455-a1f7406a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT