FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マスクをつくる。(1)準備編



地震や火山噴火が多い中、インフルエンザウイルスの蔓延、さらに未知のコロナウイスルが広がっていて、何とも慌ただしい2020年の幕開けとなっています。
特にコロナウイルスは正体不明で、「とにかく衛生面に気を付ける」のが精いっぱい。
巷では、ドラッグストアなどからマスクが消えました。

マスクは無意味、という人も居るかもしれません。
ですが、マスクをしていると、無意識に口やその周辺を触ることがなくなります。手にウイルスが付いている(かもしれない)のに顔を触ってしまい、感染する、ということもあるそうです。
また、飛沫が大量に飛ぶのを防げます。そのまま100浴びるよりも、マスクをしていれば50、30と減る。「マスクだと目が大きすぎる。だから、してもしなくても一緒」というのは、あまりにも極論で無防備すぎると思います。
できることはやっておくのが、後悔しないことに繋がるのではないでしょうか。

また。我が家には花粉症の人たちが居ますので、マスクが無いとマズイ。
これも、花粉は素通しするかもしれないけど、花粉症で鼻水が垂れるのを隠せるとか、フリーでクシャミして飛沫を飛ばすのを防げるとか、メリットはあります。

まぁ、何なら、ウイルスバリア効果のあるスプレーでも、マスクにかけておけばいいじゃないですか^^

ということで、前置きが長くなりましたが、「無いなら作る!」ということで、簡単にマスクを作ってみましたので、参考にしていただければ幸いです。


ACT1【お買いもの】

本格的に作るつもりはないので、材料は100均で揃えました。

1.ガーゼハンカチ



20cm×20cmが作りやすいです。
変わり種として、28cm×12cmの横長サイズ。

2.マスクゴム



ずばりそのもののお名前で売られています。ゴム通し付き。

上記2つの材料でできます。
あとは針とか糸ですね。大人なんですから、そこんとこは言わせないでください(笑)。

なお、オプションとして、ガーゼ。
マスクを使うときに内側に使うと爽やかです。




ACT2【準備】

1.水通しをします。
マスクを使って、洗ったあとに、「縮んだ!」ということをある程度防ぐためにします。

水に浸けるだけ。ガーゼ地だから30分~1時間ほど浸けてればいいかな……



2.水から出して、干します。
手でぎゅっと絞って、シワを伸ばして干します。
家の中で陰干しします。

3.生乾きの時に、アイロンをかけます。「スチーム」でなく「ドライ」で。
バイアス方向に引っ張るようにするときれいになります。
ハンドタオルなので神経質にならず、タオルの中心から角へ、を4つ分やればいいと思います。
へんな形になると思うので、辺のところをまっすぐ整えて、おしまい。



これで準備ができました。
つづく。
関連記事

| 趣味のハンドメイド | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/1400-a1d45e02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT