FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンサンブル@上組児童館11/19

おさらい会の翌日、夕方からはアンサンブル・サンライズの一員として、上組児童館へ。

「アンサンブルサンライズ」は、学校を退職された先生方が「第二の人生、まだまだこれから!」と、趣味を謳歌されているアンサンブルです。ヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオ。そしてフルート(その他)の私が常時参加しているメンバーです。
私は昨年の5月にゲストとしてお呼びいただき、その御縁で引き続きご一緒させて頂いています。
上組児童館での演奏は、サンライズとして3回目、私は2回目の訪問演奏となりました。

間もなく開演です。
ですが、私、あろうことか、靴を忘れてきてしまいました(><)。
たまたま持ってきていたサンダルで代用……そんな、開演前のバタバタ(笑)。

子どもたちも演奏会場へ入ってきて、サンライズメンバーもスタンバイ。

20181119-1

はい、ひょっこ〇はん。


4人でのアンサンブルの合間に、せっかくなのでソロ楽器もじっくり聴いてもらいます。
ひとつひとつの楽器の音を聴くことも大事。ヴァイオリンやチェロの演奏なんて、なかなか目の前で見られません。しかもこんなに至近距離!

20181119-3

私はせっかくなので、フルート、オカリナ、リコーダーを持ち替えてのソロを。
皆さんが学校で習っているリコーダー、こんな曲も吹けるんですよ、と聴いてもらうのも大事。


帰りに館長さんより、お土産を頂きました。恐縮です!

20181119-2

江口だんごさんの「縄文古代もち」。これ美味しい~。



子どもたちに聴かせる演奏について、いつも思うのですが。
クラシック=つまらない・子どもが聴かない、とばかりにノリの良い曲ばかり聴かせていると、ますます食わず嫌いになるのです。ノリの良い曲、楽しい歌詞の付いている曲、音が多い(演奏人数が多い)演奏形態は、聴ける程度のレベルであれば、そこそこ聴けるものになります。
しかし、クラシックには、音が並んでいるだけで、ノリも良いわけでは無い曲がたくさんあります。
読みもので言えば、マンガや携帯小説とは違う、詩や俳句の世界。
深く楽しむには、深い教養が必要となる場合もあります。
これを聴いてもらう。

ちゃんとした演奏を、楽しい曲の中に織り交ぜて紹介すれば、静かな美しい曲の良さもちゃんと伝わります。
いろんなシチュエーションに馴染めるようになる小学生の頃は、耳がまだまだ育つ時期でもあります。感性を養うという意味でも、たまには静かな環境の中、美しい音楽をじっくりと聴いて欲しい。



こういった演奏の機会があることは、とってもいい。
小学生のためというより、将来的に素敵な大人を増やせる機会をもらえた、私にとって凄く良いという意味だけど(笑)。
関連記事

| ♪楽器・演奏・教室 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takagakki.blog16.fc2.com/tb.php/1323-9f40562b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT