FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松雲山荘で篠笛演奏

紅葉の美しい頃となりました。県内各地は施設の開放、ライトアップ、各種催しなどで賑わっておりますね。
私は11月2日(土)の夜、柏崎市の松雲山荘で篠笛を演奏させていただきます。
17時~と18時~のそれぞれ30分間です。

助演を、門下の柴野孝子さん(篠笛)、そして無理を言って新潟市の田村佑介さん(太鼓)にお願いしました。
田村さんは新潟の公演から駆け付けてくださいますので、18時の回だけかもしれない?です。ご了承くださいm(_ _)m

晴れればいいなと思いますが、雨のもみじも趣きあってなかなか良いものです。色鮮やかな気がします♪
とても寒いとのことですので、暖かい服装でお越しください。


出演者の名前が載っていませんが、ライトアップイベントのご案内ページがこちら

| 徒然るつぶやき | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新潟日報長岡発表会(9月16日)

1ヶ月過ぎてしまいましたが、9月16日(月祝)は、新潟日報カルチャースクール長岡教室の発表会でした。
スクールで開設されている講座のうち、ステージ発表できる講座が出演。ウクレレあり、舞踊ありのバラエティに富んだ発表会でした。
会場はアオーレ長岡、市民交流ホールA。立ち見の方もいらっしゃる、満席以上の大盛況でした。

篠笛教室は、「荒城の月」「笛吹童子幻想曲」「かごめ」の3曲で参加しました。

「笛吹童子幻想曲」は私のソロでした。
20190916

何百人か居る会場が、水を打ったようにシーンとなりました。
吹いていて、お客様の息遣いも分かるようでした。
笛でなくても良いのですが、たくさんの人がひとつの音に集中して静かに身動きもしない様子というのは、この慌ただしい世の中、なかなかに貴重です。演奏のあとの雰囲気は、座禅のあとの開放感に似ている気がします。
あの静かさを味わいに、また笛を聴きに来てくださる方もいらっしゃるくらい。


これは「かごめ」の時の様子です。

20190916-2

見えませんが、座っている私は太鼓を打っています。

写真はA藤さんが撮ってくださいました。特に告知をしていなかったのに、当日アオーレに来たら発表会があった、とのことで、差し入れを持って観に来てくれました。ありがとうございました♪ 
こういう支え合いが、私の知らないところでも時々あるようで。教室内のあちこちで「嬉しいね」という声が聞かれるようになりました。最近知りました(^^;
やっぱり教室は、こちら(講師)がどうこうするよりも、生徒の皆さんで創り上げていくものなんだな! と実感する出来事でした。素敵な方々に恵まれて、日々幸せを頂いております。感謝。


7月に能楽堂でおさらい会をしたばかりで、準備も慌ただしかったですが……おさらい会の時に練習されたことが効いて、皆さんとても上手になっておられたと思いました。
上達のコツは、やっぱり場数かなぁ。

| 徒然るつぶやき | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第10回篠笛おさらい会

すっかり夏休みが終わりました。
小学校音楽授業が始まり、お稽古も通常運転。長かったはずの夏休みでしたが、自分の用事や仕事でバタバタして車の走行距離だけが伸びて、終わらせたかった宿題が何にも終わっていません。

……ということで(?)「おさらい会」の模様を今頃upです。
7月開催だったんですけどねぇ。おかしいなぁ、もう9月が目前ですね。

さて、今年度は第10回目という記念の回でした。
ちょうどよい機会だったので、エイヤっと能楽堂で開催してみました。

20190721-1

清水寺と違い、能楽堂は舞台から飛び降りても大ケガしません。
いい能楽堂なので、久しぶりに弟弟子の岸田晃司くんを召喚。ご家族そろって新潟2泊3日の旅に来てもらいました♪

20190721-2

橋掛かりを使う方もあり。

20190721-3

姉さん袴お似合いでした!

20190721-4

カルチャー教室クラスメートで重奏。
ソロにしたり、2人で重奏にしたり、4人で吹いたりと工夫しました。

20190721-11

津軽三味線を聴かせていただきました♪

20190721-5

うちの若手(中学生)、晃司くんと二重奏させてもらいました。

20190721-6

今年はみんなでの合奏に、太鼓など入れてお囃子仕立てにしました。
2曲用意し、どちらかに参加するシステム。この写真はグループその2かな?

ラストは、ゲストソロ、ゲスト&講師でのミニコンサート。

20190721-7

例年どおり特に開催のPRはせず、せいぜいFacebookとTwitterでの告知のみでしたが、案外聴きにきてくださっているお客さまもいらして、嬉しかったです。
あ、りゅーとぴあのインフォメーションの威力かなぁ。ありがとうございました!



私はほぼほぼずっと裏のほうに居ました。進行はs野さんを中心とした皆さん、アナウンスはA藤さんと長女にお願いしていたので、具体的な用事はありませんでしたが、細々としたことでずっと動いておりました。
何してたんだろう……(全く思い出せない)。
そんな中で、耳に届く皆さんの演奏。
素晴らしい。
その一言に尽きます。
聞こえてくる曲で「〇〇さんが吹いてらっしゃる」とわかるので、お稽古のときに苦労したところ、心配だったところを注意して聴いて、「お、行けた」「お稽古のときよりいい」と思ったりしていました。

笛の演奏に、正解はありません。
ですが、私の中では、他の楽器に置き換えられるような演奏は、まだまだ笛の演奏じゃないな、という思いが固まってきました。

どうしても生徒さん方は、「私はリズム感がないから。」と仰る。
それ、基準が違うのです。
西洋音楽を基準にリズムを取ろうとするからダメなんです。
もちろん、洋楽器との合奏の場合は、仕方ないところもありますよ。笛同志の合奏でも、お互いの取り方がバラバラだったら合いません。
でも、ちょっとこの例で考えてみて欲しいのですが。

本を一緒に読み合せるとして。
拍を取りますか?

ということです。
お互いの声を聴きあう、間を読みあう、これで合いますね。

私は、ゲストで来てもらった晃司くんとは演奏しやすいです。今年は4月に一度合わせてたからということもありますが、4月の時より急かされる感じが無くて合わせやすかったと思いました。
合わせるのはなかなか難しいですが、まず自分が表現したいことをし尽くす。これを邪魔してこない人と演奏するのは楽しいです。

というわけで、まず自分。拍より自分。「拍が取れない」とご自分で仰ってる方のほうが、ソロに味わいが出る。
で、ポピュラー曲を演奏するときは、拍を取る練習を別個にやる。
別ものもとして捉えるとよいと思います。
どちらかが得意で、どちらかが苦手で、当たりまえです。どっちもいきなり上手だったら、プロですやん(笑)。



おさらい会の〆は打ち上げ。
新しい生徒さん方も出てくださって、たいへん盛り上がりました。幹事のH田さんの名調子のお陰です(^^)v

なぜかマグロのお頭が当たる岸田家……
(正確には奥様)

20190721-8

お店からプレゼントでした。持ってるなぁ(笑)。
そういえば別のテーブルの生徒さんもおひとり、頂いてたなぁ。持ってますねえ~。



皆さまお疲れさまでした。
また楽しいお食事ができるように、頑張りましょう♪

| 徒然るつぶやき | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8年モノ

べろーん

20190708

8年前、某中学校へ勤務しはじめたときに買った靴が、ついに履き納めとなりました。
非常勤なので週1~2日程度しか使っていませんでしたが、そのまま置いておいても劣化することを考えれば、長寿だったなぁと思います。

その学校への勤務2~3年目は、市外の中学校へも行っていました。その時にこの靴を持って行った気がします。春休みとかに持って帰ったら、入れ替わったりします。どこがどの靴って決めてないから。
2年ほど寝かせておいて、今年度、小学校へ持って行きました。

先日、2校行っているうちの1校で、夏休み前の勤務がラストで、まさに高学年2コマが終わって帰ろうとしたときに! この有様!


いつもの私なら、ボンドで貼り付けて……というところですが。
実は……

20190708-2

既に底が無かった!!

ボンドで付けてたはずなんだけど、また剥がれてしまってたんですね~。道理で歩きにくいと思った!(傾いて)

キリが良いので、夏休み明けは新しい靴で臨もうと思います。

| 徒然るつぶやき | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の息抜き

ふと外に出たとき、「あ、いま時間ある」と思って、雑草を抜きました。
その勢いで、ずっと気になっていた生垣を刈り取りました。

20190707

○○しよう、っていう時間は滅多に作れないのです。
隙間時間にやります。
それで思い出したんだけど、もっと大きな脚立が欲しかったのでした。

看板もまだまだキレイ♪
ここに引越してきたときに、プロのデザイナーである友人がデザインしてくれて、また別の友人が看板にしてくれて、プレゼントしてくれました!
予備に、と同じものをもう一枚くれてるんですが、7年近くでこれですから、一生これで行ける気がする。専門のことはよく分からないんだけど、劣化しない塗料なのらしいです。
せっかくだから別のところにも掛けようかと思う、今日この頃です。


この頃あまり家に居ないので、ごはんを炊く回数もグッと減りました。
久しぶりに機会があったので、発芽玄米入りごはんを炊いて、おにぎりにしました。

20190707-2

具はカリカリ梅と昆布。
カリカリ梅のタネの外し方は、大事なので(?)娘たちに動画を送りました!
いちいち切ってたら、やってられませんので。
まな板に何個が並べて、包丁の平たいところを押しあて、手で押しつぶすのです!
すると、なんということでしょう。
梅が割れて、そこからタネが取り出せるのですが、きれいに外れます。

おにぎり、手で持つと崩れないのに、口に入れるとほろっと崩れる。
もしかして得意料理はおにぎりじゃないの? ってくらい、自分のおにぎりが好きです(ノ´▽`*)b☆

| 徒然るつぶやき | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT