FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

放流!

「ながおかまちなかコンサート」が終わり、片付けもままならないまま、翌日からまた怒涛の日々。
我が家の娘たちを放流する日がついにやってきました。

まずは29日、1人目。東京へ次女を連れていく。
暖冬だった今年ですが、寒の戻りがなかなか厳しく。山沿いでは雪が20cm以上降ったりしたそうで、関越トンネルの新潟側は街が雪で覆われている様子も見られました。
トンネルの向こう、関東側はすっかり春!

20190330

東京のほうが人工的な植樹が多いせいでしょうか、至るところに桜並木がある印象を受けました。
時間の余裕が無くて並木道を通らずに突っ切ったため、桜はたくさん見たけど眺めるまでには行かず。
いいんです、今年は諦めております……。


バタバタと、入学式までの間に部屋づくり。荷物を運び入れて、荷解きして。
近場にカラーボックスなどを買いに行き、運び入れ、組み立てて。
普通ならこの作業は入学式前日で良いのですが、早めに来たのには訳がありました。
鯉沼先生に今月のお稽古を東京滞在中にしてもらっていたのです(^^ゞ
(卒業式4つにコンサート企画に出演に引越に……で、惨憺たるお稽古でしたが……)

ということで、「次女放流!」とは言え、私が鯉沼先生のお稽古に来ますので、月に1回は次女のところへ行ける予定。
何かあったら泊めてもらえるし、実は次女の東京暮らしは私も助かるのです(笑)。


で、バタバタしているうちに、入学式。新潟から新幹線で夫もやってきました。

20190401

式のあとは次女に会うこともなく、新潟に戻りました。
4月1日……ということで、私が家を空けている間に、娘二人目放流~~。長女が赴任先へと旅立っていきました。ピカピカの(?)新米の先生です。



今年度からは、私と夫とワンちゃんの静かな生活となります。

………って、普通は思うじゃないですか。
ところがドッコイなんですよ、我が家の場合。
4月1日の夕方に新潟に帰ってきましたが、2日、3日と長岡市で、4日は新潟市でお稽古をこなし、その4日の夕方にはまた、私は東京へ旅立ちましたよ、っと(笑)。

| 徒然るつぶやき | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月22日

今月の卒業式、その4! 入広瀬小学校♪

勤務校ではないので写真は無し……と思っていましたが、練習風景の写真を送って頂きました。ありがとうございます♪

20190322

とっても歌の上手な6年生さんたちで、教えるとどんどん吸収してくれるし、楽しい数時間を過ごさせていただきました。
感謝!
卒業式本番も、最上級生らしい素晴らしいハーモニーを聴かせてくれました。
在校生さんたちも、のびのびと歌ってくれていて、6年生に負けない素晴らしい合唱でした。
それぞれの歌は体育館にしっかりと響き、「これは……この人数よりも多い学校のほうが、声量で負けてるかも?」という感じ。気持ちの持ち方、心掛けひとつで、人数に関係ない合唱はできるんだというお手本のようでした。


さて、、、
これにて、私の入広瀬でのお仕事は、全て終了になりました。
思えば前年度の2月末日。旧知の先生から勤務のお話を頂き、切羽詰ってそうだからお引き受けしたのがスタート。大雪の年で、しかも入広瀬と言えば屈指の豪雪地帯。
お誘い頂いて最初に返した言葉が、というか、自然に口を突いて出てきた言葉が、「……通えるんですか?」だったことを覚えています(笑)。
不安もありながら、入学式で弾く校歌の練習をみっちり1ヶ月。そして4月、初めて会う生徒たち、初対面なのにいきなり歌唱指導で知らない校歌を教えるってどんな罰ゲームや、と思いながら……
秋には芸能祭、閉校式典。
そこからあっという間に、卒業式、終業式、閉校式。
1年間という短い勤務でしたが、何年も過ごしたかのように思えるのは、とても濃い時間を過ごしていたからだと思います。

通勤するのに、山を越えて1時間以上かかる未知の土地でのお仕事は、正直、不安しかありませんでした。
7年前に本務校でたいへんお世話になった先生からのお誘いで無ければ、確実に断っていたことと思います。恩返し出来ればと思って行きましたが、またお世話になりましたし、お時間も手間も取らせましたし、勉強させていただきましたし、楽しい思い出や嬉しい出会いももらいましたし。思いがけず、可愛い小学生さんたちとの時間までも。こんなに気持ちよくお仕事させて頂けるところって無いんじゃないかというくらい……結果、ご恩が増えただけでした。どうやって返せと(笑・ありがとうございます)。


今年度は、勤務する学校が2校増えます。増えるのは小学校! 
年に10時間ほどは単発授業や、歌唱指導、部活指導へ行きますが、通年でお邪魔するのは初めて!
入広瀬小学校で小学生さんたちと一緒に歌を歌って、「小学校もいいな」と思ったところだったので。
まさに、入広瀬で勉強したこと、気付いたこと、お世話になった経験が活かせる! そんな2019年度になるはずです。


あ、演奏も、頑張りますよ!!

| 徒然るつぶやき | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月13日

今月の卒業式その3!

20190313

7年間、非常勤として勤務している私の本務校です。小中学校併設なので、小学生の頃から一緒に歌ってきた生徒も居ました。
またこの1年勉強してきて、最後に卒業記念合唱を全校で歌えたことに幸せを感じました。
(小6は中1になって帰ってくるので、楽しみです)

やはり中3の力は大きくて、このメンバーによって合唱の響きや色彩がぐっと変わります。今年の中3はホンワカと温かく、でも声のしっかり出る学年でしたので、ハーモニーは美しくかわいらしく、選曲も自然と明るく綺麗なものとなっていました。
ここへ小学生さんたちが加わり、主旋律にボリュームを添えてくれました。この子たちがまたウマイ! おおいに助けられ、中学生は「ハモりを頑張る!」と目標が明確になりました。
今年のメンバーらしい、いい合唱でした!


見送りながら涙(っていうか号泣)した在校生たち……そこまで思えるほど先輩方との絆を深められてたんだなぁと思うと、3年生だけでなく在校生の成長に、先生方も一斉に涙腺崩壊(笑)。


残念なことに私はその後、見送りに参加する時間がなくて、後ろ髪引かれる思いで帰宅しました(TT)
午後からのレッスン、こちらも頑張るし、生徒さんの成長に毎回嬉しい思いが溢れますけども(*´罒`*)

帰宅して最初に、びくたんに「お土産~。おまんじゅうかな? あとで一緒に食べようね」とちょっと渡して、また返してもらいました。

20190313-3

返してもらって、夜までテーブルに置いておいたら、先にちょっとかじられた(箱だけ)。
覚えてたか~~。

20190313-4

食後のデザートに頂きながら、卒業式を思い返すひととき。
前日にメッセージをもらったのも嬉しいことでした。

20190313-2

これ、メッセージも嬉しいんだけど、渡してくれる時の表情とかがまた嬉しいのです。
年間40回ちょっとしか会わない非常勤のことなんて覚えてないものですけど(笑)、私のことは明日にでも忘れても、音楽って良いものだってことが皆の心に宿ってくれてたらいいなと、いつも思っています。

| 徒然るつぶやき | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月4日

今月の卒業式その2でした。

20190304

いただいたおまんじゅう&別件でいただいたおやつ。

卒業生の記念合唱のピアノ伴奏がとにかく困難で。私はお正月から時間を見つけては練習していました。その点「頑張った!精一杯やった!」と言えます。送り出す側からすれば力いっぱい送り出した!
卒業式のラストがその曲なので、始まる前から緊張しすぎて、式典の冒頭にやらかしてしまいました(><)

生徒たちって凄いと思いました。
歌はちゃんと歌えるし。
何のカンペも見ずに、立ったり座ったり動いたりしてる。
私は紙を見てたのに、ダメだなぁ……。

授業のラストの時にこういうのもらったんだった。今までもらった中でいちばん実用的。賢い!

20190304-2

生きる力もたっぷり持った卒業生たち。これからもっと大きな困難があったりするかもしれないけど、乗り越えていってくれそうだと思える頼もしいメンバー。
大きな困難のあとには大きな喜びがあって、自分にも大きな力と思い出が残るから、ときには上手に逃げながらもガッツでやっつけていって欲しいと思います。


ということで、広い世界へ踏み出す卒業生たちに、エールを込めて退場音楽を演奏しました! 私にできることの中の最上級の方法で関われて良かったと思いました。

| 徒然るつぶやき | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月1日

3月は怒涛の卒業式ラッシュ。そのため、2月から合唱指導であちらこちらへ走り回っています。
教えるために、私はお正月から歌とピアノの練習をしてきました。歌を教えるにもピアノ伴奏するにも、全パート覚えていないと話になりません。
そうやってバタバタしているうちに、ついに3月になってしまいました。


「卒業式その1」は、まず次女の卒業式((o(*>ω<*)o))
ここの高校の特色は、入退場の曲や合唱伴奏など、全てオケによる生演奏なところ。
女子がほとんどですから、合唱もきれいで心洗われるようでした。

音楽科はいちばん端だから、よく見えました

20190301-1

この3年間、毎日5時半起きでバスで通いました、よく続きました。(私もお弁当よく頑張った!)
帰宅してからもレッスンに出掛けたり、休日も学校行事や音楽科行事、コンクールに演奏会があったりと、なかなか休めない日々でした。
私も送り迎えや付き添いで、仕事の時間も体力も削られました。
これだけやりましたので、「満足!」以外の感情が無くて、全く泣けなかった(笑)。
入場の時から泣いていらしたナナメ前のお母さん、泣ける気持ちがあるのがちょっと羨ましかった(笑)。
この日私がうるっと来たのは、卒業式のあとの最後のホームルームで、中学校から私が送りだした生徒がスピーチした時だけでした。小学6年生の時から知ってるから心配もしたし、頑張っていろいろ乗り越えて成長した姿を見て、この子は人生もう大丈夫、と安堵したからです。
あとは大学で学びを深めて、より良い人生にしていってほしい。


さて、我が家。4月からは次女は進学のため一人暮らしになります。卒業後に帰ってきたとしても、その時は今度は長女が家を出ている確率が高いです。次女が生まれてから20年近くを家族4人で暮らしてきましたが、この3月はその最後の月となりました。
(そのまた数年後に4人暮らしになるのも、それはそれでヤメテクレ独立シテクレって感じですからね……)
これまでも次女の卒業式には何故か長女がいいタイミングで居たりしましたが、今年も居ました! 仕事休みでした! ですので、高校卒業を家族で見守りました。


昼食は15時前になってしまったから、開いているところということで、お寿司屋さん。

20190301-2


ようちえんでびくたんを拾って、一緒に帰宅。

20190301-3

一緒に下校するのも最後です。
隔週木曜日は私が新潟市で講座を持っているので、次女とびくたんと三人で車で行って、高校に次女を置いて、ようちえんにびくたんを置いて、お仕事に行っていました。帰りも一緒。そんな登下校も、もう3年経ちました。早かったなぁ、と言いかけて思うのですが、けっこう長かった(笑)。思い返すとギッシリ詰まっているから、3年前が凄く昔のことに感じます。
充実していた証拠だと思います!

| 徒然るつぶやき | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT