多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新開講♪新潟日報(長岡)

4月14日(土)。
新潟日報カルチャー長岡教室にて、篠笛講座「和の音をたのしむ 篠笛教室」がスタート致しました。

20180414

新潟メディアシップ教室と三条教室では既に開講しておりましたが、長岡教室は初めて。
建物に入るのも初めて。
行ってみて、「お? 旅館か?」と思うような素敵な雰囲気の和室が会場になっていてビックリ。なかなか良いじゃないですかー!

和室だと私は正座できるので、吹きやすいです。教えかたにも違いが出る……かも?(出ないか。)
正座が苦手な方には、正座用の椅子もありますし、立奏もOKです(゜∇^d)

しかし、始まってビックリ!
知ってるーー この生徒さん知ってるーーー(笑)
なんと、三条教室で受講されてる方々が、長岡教室にも参加してくださっていました!
意欲的で素晴らしいです゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚ そう言えばメキメキ上達されています!

初心者クラスなので、笛の持ち方からスタート。
既に吹けるかたにはお付き合い頂きますが、せっかくだから、次の段階で教えるワンポイントも添えます。

この日は簡単な曲が1曲、完成しました(*^.^*)
指打ちもばっちり。皆さん素晴らしいです!

ですが、講座はまだまだ始まったばかり。篠笛に興味を持たれたかた、今なら余裕で間に合います、お待ちしております♪
こちらの篠笛教室以外にも開催しておりますので、土曜日のご都合がつかない場合はお気軽にご相談ください。
「教室が無くて」
と皆さんおっしゃるので、私の怠慢と力不足だなぁ、と反省しております。今年は頑張りますね!



講座の詳細は、この記事上の方のリンクからカルチャースクールのホームページへジャンプするか、下の【続きを読む】からご覧下さい。

≫ Read More

| ♪楽器・演奏・教室 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

演奏会の写真

11月26日「秋の宴 百花繚乱」で、公式カメラマンS後さん撮影の写真です。
ダイジェストで並べてみます、演奏会の雰囲気をお楽しみください♪

リハーサル後、本番前の舞台。

20171126s

20171126s-2

舞台上の緋毛氈(ひもうせん)は、第2部で太鼓を入れるために使用。
次の写真のような、第2部のリハーサルの直後のため残っています。
撤収して、第1部に備えます。

20171126s-3

笛を差すためだけに袴を着用。上は普通の服です。遠くから見るぶんには、これも有りでしょうか……(笑)。

差し入れがたくさんの昼食。出演者、スタッフで有り難く美味しく頂きました。
(ありがとうございました!!)

20171126s-4

第2部、朗読、篠笛、太鼓、ピアノの4人での演出。
ピアノが舞台の下なので一緒に写れなくて(><)

20171126s-5

今回、私のお気に入りショット(笑)。
座着いて御扇子をパン、と打ち付ける直前です。

20171126s-6


集合写真。
普通に撮っていただいた写真、みんなすっごい疲れた顔で写ってて、笑ってしまいました(><)
これはちょっとマシ……かな?(^^;
(お疲れ様でした~)

20171126s-7



ひとつ前の投稿に、この演奏会のダイジェスト版があります。

| ♪楽器・演奏・教室 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「百花繚乱」ダイジェスト動画



先日の演奏会の模様をダイジェストとしてまとめてみました。
全曲ではありませんが、ちょっとずつ詰め合わせ。
10分弱です、お時間のあるときにお楽しみください♪

この中では1曲だけマイクを使用しましたが、そこだけ音量が小さいという不思議(笑)。

また、ホームビデオにて撮影しただけなので、音質の悪いのはご容赦ください。
特に太鼓が申し訳ないです。笛は自分だからどうでもいいんだけど……。

| ♪楽器・演奏・教室 | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「秋の宴 百花繚乱」御礼

20170923

11月26日(日)、りゅーとぴあ能楽堂で演奏会でした。
講師をはじめて25年の記念として、5月にフルート、11月に篠笛をメインに企画したふたつの演奏会。この、ふたつ目が終わりました。共演者、チケット販売してくれたお店、宣伝してくれた方、来てくださった方、様々にお手伝い・お心遣いしてくださった方……いろんな方のご厚意に感謝です。ありがとうございました!

差し入れがたくさん!!
20171126 20171126-2


開場直後の能楽堂。

20171126-3


せっかくの唯一の集合写真だけど、あとから見てみると皆すっごい疲れてる(笑)。

20171126-4


頂いたお花を家に持って帰ると、こんな豪華なことに!

20171126-5



さて、当日は100人を超えるお客様においで頂きました。アンケート回答もたくさん頂きました。
笛一管での曲は、新潟ではなかなか聴けないので、初めて聴いた、という方もいらっしゃいます。「最初の一音が聴こえたときに会場の雰囲気が変わった」「涙が出ました」など、嬉しいお言葉がいっぱい。

20171126-6


特にラストの「星河」(狩野嘉宏作曲)が、会場のお客様の雰囲気までが変わって、まるで「動いたり音を立てたりしてはいけない」とばかりに客席全体が固唾を飲んで……とはスタッフの言。

朗読あり、太鼓あり、ピアノとの合奏あり、勿論、全員でのコラボあり。爆笑あり涙あり(忙しい!?)。
朗読との絡みは「むじな」以外、即興でしたし、太鼓との響演も打ち合わせなし。
皆さんそれぞれご活躍のプロなので、発する空気で合います。西洋音楽式の「拍」がないものだけど、「呼吸」は有るんです。
その呼吸は演奏する側のものだけでなくて、お客様の呼吸も合わせて、その場の空気なんですね。
その空気によって、間合いが変わります。
そこへ会場ごとに響きかたが関わるので、同じ曲でも、音の長さや間などが毎回違います。そこが面白いところです。

今回の能楽堂、響きがとても気持ちよく、楽しく吹けました。私はいつも音が飛んで行ったり拡がっていくのを見て追いながら吹くのです。私の出す音はフルートも篠笛も、広めの場所で長所が活きるみたいです。多くの人の音が減衰する距離のところから、伸びる。

太鼓とのコラボのときはマイクを使いました。思いっきり演奏してほしくて。ところが、リハしたらマイクの音量がデカい! 「もっと下げて」「下げて」を4回繰り返しました。ポップス篠笛系(?)の人の音量を目安にしてたのかな、と思ってたら案の定「(マイクに)近付いてください」って。当然断固拒否ですよね(笑)。音が出てすぐじゃなくて、拡がったところの音を拾って欲しいので。恐らくクラシック奏者は口許の音を嫌がります。
そんなことをしていたら、りゅーとぴあスタッフさんたちから、気付いたら「先生」と呼ばれてました。う、、うむ、くるしぅ無い(;・ω・)

それにしても、りゅーとぴあは裏方さんもレセプショニストさんも他のスタッフさんたちも最高、素晴らしいんですよ……大きなホールでやればやるほど思います。大好きです!

かなり長くなった所感でしたが、詳細はもう少し落ち着いてから改めて書きたいと思います。

ひとまず、お客様、生徒さん方、共演者にスタッフの皆様、ありがとうございました(人´∀`)♪

| ♪楽器・演奏・教室 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

webで「レッスン予約」!

先月から、このような仕組みを取り入れてみました。

スマホからレッスン時間を予約!
RESERVA予約システムから予約する
(予約サイトへ飛びます。入室にはパスワードが必要です。)

カルチャー教室の場合は欠席されても振り替えが出来ませんので、使うことは無いかもしれませんが……例えば、「この曲を仕上げたいので」「発表会前なので」ということで、「1時間追加で特別レッスンを」ということはあります。

私の自宅でのレッスンでは、1ヶ月に○回通う、というフレキシブルな方式で来られている方もけっこういらっしゃいますし、曜日と時間を固定されている方でも、急に風邪をひいたり、町内会が入ってしまったりとか、ご旅行されるとか、いろいろありますので、レッスン日の変更の必要が生じます。

これまでは毎回、
1.「いつ空いてますか? ○日~●日の間に1回行きたいです」とお問い合わせ頂いて、
2.「○日何時、●日何時……」と私が手帳を見ながらリストを返信し、
3.「では●日何時からお願いします」と再度連絡を頂き、
4.「了解しました☆」
の最低でも4ステップが必要でした。
2の返信のところで、私が調整に困ったり返信を忘れていたりという可能性もあって(汗)、時間が掛かることもありましたので、「お忙しいのにすみません」と、皆さんに気を遣わせてしまう始末……(><)


スマホからの予約システムを導入してからは!
私の都合を気にすることなく!
夜中でも早朝でも昼間でも、ご自由に予定を入れて頂けます。
1.第1希望の月日を押して→時間を選ぶ。
以上で予約完了です。

私のほうには、その都度「予約が入りました」とメールが届きますので、それを紙の手帳に反映して完了。
PC上ではこのような画面となって、予約された日時の一覧が出ますので、たいへん有り難いです。




もちろん、レッスン終わりに次の予約をして帰ってくださってもOKです。
その場で予定が不明な時や、調整が必要なときは、「予約サイトでやります!」と言って頂く、なんていうサブ的な使い方も出来るのです。


お仕事やご家族などの用事で、なかなか自分の時間が取れない方も、たくさんいらっしゃいますよね。
1ヶ月に空いている時間に1~2回、ふとレッスンに来れるシステムで、更に予約するのに気を遣わないとなれば、無理なく続けられるように思いませんか♪

これは私が師匠にレッスンをお願いするときに気を遣うエピソードからの思いつきがスタートでした(笑)。
やっぱり、自分がその立場にならないと分からないことが、たくさんあります。
これからも、より快適にレッスンに来て頂ける環境を目指していきます。

| ♪楽器・演奏・教室 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT