FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

≫ EDIT

【オンラインレッスン】はじめました

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の拡がりに伴い、当教室は、オンラインで受講していただけるようになりました!
スマホ、またはパソコンから、受講していただけます。


現時点では、私がマスクをしたり、距離を取ったりする以外に、次のような対策を取っています。
・カルチャー教室 個人レッスン
 →広く、窓の開けられる教室に移動します。
・自宅レッスン
 →譜面台などを消毒。空き時間に換気。空気清浄器を用意。

カルチャー教室のグループレッスンでは「窓が開かない」教室しかないところも多く……出来ることなら、私は休講にしたいですが……。お手本演奏をせずにマスク姿で教える以外に、良い方法が思いつきません。
そこで、

安全のためにと欠席される方には、
既にお支払いされた受講料分、私が個人的にオンラインレッスンで対応させて頂きます!
カルチャー本部なんて知ったことか


気分も沈みがちな今日この頃、新しく趣味を作りたい方にも、家から出ずに習えるオンラインレッスンはオススメです。
遠方のかた、初心者のかた、歓迎です。

私がお奨めするのは、特に、新潟県内や近県の方。
ウイルスが収まった頃に、直接レッスンを受けることができます。
また、合奏したり、発表会に出演したりと、練習の成果を発揮する機会もありますし、仲間も出来ます♪

もちろん、呼吸法や息の吸い方、構え方、音色などを見直したいプロのかたもどうぞ。意味のある休業にするために、そして、コロナ禍後の再起コンサートのために、技術を磨いておくことは必要だと思います。

詳しくは、ブログ右上の【お問い合わせフォーム】より、お問い合わせください。
スマホ初心者のかたには、導入方法から詳しくお教えいたします。

| 徒然るつぶやき | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見逃し配信

2月はじめの篠笛レッスンロケ、2月終わりに放送されました。

20200303

観てくださった方、ありがとうございました♪ 思い掛けない方々からも「観ました!」と仰っていただけて……「聴いたことある声がすると思ったら」と、本当に偶然だった方も何人かいらっしゃいまして。お騒がせいたしました(笑)。

また、「初挑戦で合奏に参加されていた中澤さん、凄いですね!」と。
放送されたのは5分ほどですが、中澤さんは30~40分、真剣に練習してくださいました。いま全国放送にもどんどん出てらっしゃいますが、この姿勢、この努力あってのことなんだなと確信しました。
……って、どこから目線なんだ(笑)。
いえ、私も一応、音楽家ですし、プロの卵も育てていますから。
良い経験をさせていただきました。


さて。
先日放送分の「見逃し配信」、『中澤卓也の 手を握っていいですか?』、見逃した方も、ごらんいただけます!

20200303

BSNアプリ(無料)をダウンロードし、
「みる・きく」
 ↓
「おすすめ! 見逃し配信も!BSNテレビ」
 ↓
「BSNテレビ 見逃し配信」

です。

すっかりカメラを忘れて普通に指導してる私と、40分間頑張ってくれた中澤さんを見てあげてください!
ヾノ。ÒдÓ)ノシ

皆様も春から如何でしょうか♪
息を使うので、楽しんでいるうちに全身運動にも繋がります。身体の健康は、肺の健康から!

指を使いますから、頭の体操にもなります! 
小学校の授業で、左手の運動を少しするだけでリコーダーの運指がうまく行き、「えっ!」「すごい!」とクラスがどよめいたこともあります。年齢問わず、大事なスキルです。

| 徒然るつぶやき | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中澤卓也さんが来られました

新潟市の篠笛教室に、歌手の中澤卓也さんが来られました。
月曜日にそんなお話を何となくお知らせ頂いて、木曜日にロケ。早い(^^;

私は何が来ても大丈夫ですが、TVに映るとしたら、生徒さんの承諾がないとOKするわけにはいきません。まずは皆さんから了承を取っていただきました。
で、全員快くOKしてくださったとのことで(ありがとうございました)、撮影の運びとなりました。

前日夜から、いきなり降雪。気温もマイナス突入。
今年は全く雪が降らなかったのに、ここで降りますか?
私が遅刻したら話になりませんので、朝は早めにヴィクトリアさんと一緒に家を出ました。ようちえんに預けて、私は教室へ急ぎます……結局時間ギリギリで到着しました。

ひと息つく暇もなく、皆さんに少しだけ音出しして頂いたところで、撮影隊のみなさんが到着。
何分ほど撮影するのか訊いたら、私の予想の5倍ほど時間がありました。
ですので、通常の入門者と同じ指導をしました。若いだけあって、順調に進みましたので、一歩でも前進してもらいたくて、私はすっかりカメラの存在を忘れておりました……申し訳ない。

終わってから生徒さんに、
「芸能人が居るのに、先生がいつも通り~!」
と言われました(笑)。
私は演奏家ですから、世界的な奏者を前にすると緊張します。鯉沼先生や堀井先生との初対面のときは、ものすごく緊張していました!
まして今回は「少しでも吹いてもらえるように」という目標があるので、緊張している場合じゃかったということもあります♪(/・ω・)/ ♪ これはどんな入門者さんが来られても同じです。その方に合った指導を、その方に合ったスピードで。これしかない。
また、どんどん課題をクリアされる中澤さんの様子を見ていて、
「先生、教えるの上手!」
と思われたとのこと。ありがとうございます(ノ´▽`*)b☆
自画自賛ですが、この言葉は本当に嬉しいので!

あとは編集任せですねぇ……自分がなるべく映ってないことを願います。
練習の様子は中澤さんのブログにお写真が載っていましたので、そちらをご覧ください♪

中澤卓也オフィシャルブログ ダイヤモンド・ダイアリー「寒すぎ。笑」

ほんとに寒い日でした……
帰り道、長岡(の外れ)は、こんな感じでした。

20200205


あっ、肝心のお稽古内容!
音を出すところからはじまって、4~5個の運指と楽譜の読み方をクリアして、最後に皆で合奏をしました!
中澤さん、とってもカンが良くて、どんどん進みました。吹く楽器なので、時折「頭がクラクラする(笑)」と言いながらも、頑張って練習してくださいました。さすが根性ある!
音感、リズム感も良かったので(若いから?)、合奏への参加もスムーズでした。
お疲れ様でした☆
このペースなら、1年も頑張ればそこそこモノになるので、ぜひ続けて吹いて欲しいなぁと思うけど、お忙しいかな~。

| 徒然るつぶやき | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【備考】マスクの使い方

売ってないなら作ればいいじゃない!
とばかりに、勢いで作ってみました。

使い方についてのアイデアをメモしておきます。

●メガネの曇り防止
・ マスクの内側、上部にティッシュを挟んで調整する。
・ 市販のマスク用のメガネ曇り止めスポンジを買う。
・ 市販のメガネ曇り止めをメガネに塗る。

●衛生対策
・ じかにマスクを使わず、ガーゼを重ねて使う。
・ 使い終わったマスクは、表面を持たずに外して、ポリ袋などに入れ、アルコールスプレーをしておく(ウイルスの不活化)。
・ 精油を利用する。ティーツリーオイルなど。

良い技がありましたら、コメント欄で教えていただければ幸いです^^

| 徒然るつぶやき | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マスクを作る。(3)横長タオル編

横長タイプのハンドタオルででもマスクを作ってみました。
鹿ちゃん?のワンポイントが付いていますから、これを活かしたいと思います。



下準備として、ガーゼの水通しが必要です。
準備編を参考にしてください。

【作り方】
1.完成品の時に外側になるほうを内側(つまり中表)にして、端を縫います。
無地のものと違うところは、イラストを縫い込まないように、端を縫うようにするところです。



2.縫えたら裏返します。縫い目を端にしないでおきます。
画像のように、縫い目がマスクの全面から見えるように。



3.さきほどの縫い目の上から、縫います。
ゴムを通すところになります。



4.反対側を、さきほどの側と同じ幅で縫います。



前回作った無地のマスクと違うところは、折り込まずに縫うところです。
マスクの幅が狭いときは、この作り方が有効です^^

5.ゴムを通します。



6.結んで、使います。
結び目は、結んでから紐を引っ張って回し、マスクのガーゼの中に入れ込むと良いです。





【オマケ】
水通しの後のアイロンで、ちゃんと伸ばしておかないと、合わせたときに大きさが違うことがあります。アイロンをかける時、縫う予定の布を合わせて、揃ってなければ引っ張って整えると、割と揃います。

 

| 趣味のハンドメイド | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT