FC2ブログ

多事奏論

姫路出身、長岡在住のフルート・篠笛奏者によるblog。フルート・篠笛教室もやってます。お気軽にお問い合わせください。ブログ内の画像はクリックすると拡大版が見られます♪

≫ EDIT

胡散臭い広告

胡散臭い広告を見るのが好きです(笑)。
雑誌ライターの傍らで広告も作っていたからか、どのような表現がアレでコレなのか、読むと分かります。

ひと目で分かるのは、すごく長いウェブ広告ですね。これはメジャーでしょう。ポジティブな語り口で「私は○○でした···」という告白を挟み、「そんな時、○○なのです!」のどんでん返し、「さぁ、あなたも······!」のお誘い。広告ではなくお誘い、というテイこそが広告臭プンプンして、笑ってしまいます。
どうやらそういう書き方を教えてくれる講座やセミナーもあったらしい。


最近見て「やるな」と思ったのは、広告を見ている最中に、「あと10個です!」「いまこのページをあなたの他に20人が見ています」と出るパターン。
書いてあることを読み進めるために下へスクロールしていくと、「あと6個です!」と出てきます。

そう、時間の経過でなく、スクロールなんですよ!
ここを読んでいる時に「残り3個」と表示させる、という仕掛けなんです。
最後まで読むと「あと1個です!」「このページをあなたの他に20人が見ています」と。

試しに、元のページに戻って、また広告を押すと······
「あと10個です!」
1個やったんとちゃうんかーーーーーい!💢


ってわけです。

これを発見したときはちょっと興奮しました(笑)。プログラムを考えてしまいました。
私もホームページに使おうかと思いましたが······「あと○人!」は有り得ないので却下。この時間しか予約取れません、というのは既にあるし、胡散臭い真似しなくてもいいかな。

| 徒然るつぶやき | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おせち2019

あけましておめでとうございます(喪中のかた失礼いたします)。
今年は新潟で新年を迎えました。

20190101-1

両実家の両親、祖母もそろそろ高齢なのでなるべく年末年始を一緒に過ごしたいとも思うけれど。2018年は次女のコンクールや演奏会出演が有りすぎて、とにかく次女の望みは「年末年始は家でゆっくりしたい」。振り返ると、年に車4万km移動していました。新幹線等を入れるともっと移動しているということです。頑張りましたなぁ。

家に居ると何が良いって、調味料やコンロ、鍋が自分のものが使えるということです。やはり慣れてないものを使うと味が変わってしまう。
ただでさえ荷物が多くなりがちな帰省の旅。鍋やしょうゆを全て持って出かけるわけにはいきません……ということで、今年はおせちの出来映えに満足。そしてスピードもノリすぎて、時間が余ったから伊達巻も自分で作ってみました。れんこんを擦って揚げてみたり。きんとん2種は長女作。

20190101-2

・炊き合わせ(食材ごとに別に味付けして、盛り合わせる)
・きんとん2種(栗とりんご)
・黒豆
・紅白なます
・昆布巻き(身欠きニシン巻)
・田作り2種(胡麻と胡桃)
・伊達巻
・れんこんおろし揚げ
・くわい
・松前漬け
・かずのこ鰹出汁漬け
・お雑煮(1日は京風白味噌。2日は澄まし)

身欠きニシンの本乾きものは2日前から仕込まないとダメだと思いました。30日に戻し始めたので、31日の夜にやっと昆布で巻いて、よく朝まで保温鍋に置き、やっと完成。実家に送れなかった……それだけ残念でした。

30日夜からでじゅうぶんなのが、黒豆。
母から送ってもらった丹波黒豆。これに限ります。サイズは3L! こっちでは売ってない。

20190101-5

20190101-3 20190101-4

こんなに艶々に仕上がる。こうでなくては。黒豆は自分が作るのが一番美味しいと思っています♪
完全に料理ブログです。
今年もこんな感じですが、宜しくお願い致します。



さて、びくたんもお正月料理。
年越しそばを少し。鴨南蛮。

20190101-6

お蕎麦食べて、紅白見て、0時にもう我慢できずにクレートに入りました。
テレビのお部屋の隅に常備してあります。お出掛けするとき以外は出入り口を外しています。ここに入るときは疲れているから、手を入れないようにしています。クレートを、「ここは絶対安全、安心」と思ってもらえる場所にしておくと、お出掛けしたときに心の拠り所になるようです。

20190101-10 20190101-7

翌朝は、おせち。りんごきんとんと伊達巻付き。

20190101-8 20190101-9

デザートは後から食べるタイプ……前日に味見をしていたので、これが何モノか知っていたみたいです。

| 食いしん坊ちゃん万歳 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年でいちばん忙しかった日

いろんな教室で、2018年最後にレッスンや授業を終えてきました。
今日は新潟日報カルチャー長岡教室の締めでした。2019年1月から新入会される方々の体験レッスンもあり、来年も篠笛教室がぐっと充実しそうな予感と共に。

あとは自宅教室です。
次女の演奏会の〆もあります。
残り1週間、頑張ろう……と思って、ふと記し残しがあるので振り返ってみました。

忘れもしない、10月27日。
午前中は長岡市の学校で音楽発表。
午後は魚沼市の学校で、篠笛ソロとピアノ伴奏。
夜は長岡市のお寺で公演「語りと音楽のゆうべ」。

移動距離も凄かったですが、それが全部山道。信号が無いから早く着く……とは言え、1時間近く走破すること3回。
時間もそれぞれギリギリで、急いで到着、急いで腹を充たし、急いで着替え、スタンバイ。等々。
朝7時台に家を出て、帰宅は22時半を回っていました。いや~、よく全部間に合ったな、体力もったな、という感じです。
この一日で私はまたひとつ強くなれたような気がします!


午後がこちらでした。
「入広瀬地域芸能祭」。
中学校の閉校式典のピアノでスタートし、生徒たちのアトラクションの繋ぎ、着替えやセッティングの時間稼ぎに、篠笛を吹きました。ちゃんと袴はいて正装して、かなりガッツリ吹きました。

20181027

生徒のオマケなので、私の名前は載せてもらわなくても良かったんだけど……プロとしては有り難いです。たまに無記名だったりして、周りの人が怒ってくれることがあります(^^;
皆さまご配慮ありがとうございました。ついでにS先生画像ありがとうございました♪(ついで)


夜はこちらでした。
朗読の加藤先生、太鼓の田村さん、ピアノの細山田さんと!
去年の秋にりゅーとぴあ能楽堂で好評だった演奏会と同じ構想です。このメンバーでまた公演できるとは思わなかったので、望外の喜びでした。
(加藤先生、安善寺さま、ありがとうございました!!)
チラシ、私が突貫工事で作りました☆

20181027

これは本当に、お客様に恵まれて。
童謡などでは自然に唄を口ずさんでくださる方々も居たり。
終演後、お見送りしていたら、すごくたくさんの方に声を掛けていただいて、「篠笛、はじめて聴いたけど、とっても良かった!」と仰っていただけました。この半月後に篠笛教室のおさらい会があったのですが、何人かの方が聴きに来てくださっていました。有り難い~。
打ち上げも楽しく、つい長居してしまいました!


……ここまで全力でやっといて、実は翌日は埼玉へ篠笛のお稽古に伺っていたという(笑)。
この日のことは毎年秋になると思い出すのでしょうね。
お客様の顔を思い出して、もっと頑張ろう! と思うはずです。

| 徒然るつぶやき | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

咳とコーヒー

私ひとりだけの中で大ブームです。セブンカフェ。
コンビニのコーヒーなんですけどね。自宅以外のレッスン前に買ったり、レッスンの合間に買いに行ったり。
大抵はカフェラテです。

20181222-1

一昨日行ったらカップの柄がかわいらしくなっていました。

20181222-2

はじめは、「咳にはホットコーヒーをすするように飲むといい」と医師である友人が教えてくれたものだから。言いつけに従って、ボトルに入れて持参していました。
そのうち持参し忘れて、出先のコンビニで買うようになりました。
そうしたら、やみつき(笑)。
何が良いって、レッスンの合間に歩いて出て、気分転換になる! レッスンに行ったらずっと室内、学校に行ってもずっと校内で、滅多に外に出ない生活だから。ちょっと道路を歩いて、店に入るというのが、すごく気分転換になるなぁと気付きました。


咳には、効いたような気もします…… 風邪はひかないほうですが、何となく喉が気になるときなどにエアコンの乾燥した空気を吸って咳こむことがあるので。その予防になっています。
友人は「内科医」というよりもオールラウンダーの「ホームドクター」だから。民間療法などでも、手軽で効果あるものは紹介してくれたりします。「コーヒーの香りが咳を抑制する効果がある」というのは、ちゃんとしたお話だそうで。カフェインに気管支を拡張する作用や抗炎症作用があるからなのです。
「すするように飲む」というアドバイスは、この香りを吸うことになり、身体にカフェインを採り入れながら、温かい湯気が気管支へもアプローチして、ちょっとした吸入器の役割を果たすのかなと。なかなか合理的な説明だと感心しました。


……そうそう、セブンカフェ。
分かりにくいです、あの機械! かなり前は、書いてあるのを見ても分からず、そんな時間をかけてる時間が無いので(時間があったら喫茶店とか行くわい)、ぱっと見て、ぱっと使ったら、店長らしき人がめっちゃ咎めてくんの。
間違った私も悪いのかもしれないけど、なんでそんな言い方するん? っていう口調だったから。
「これじゃあ分かりません。書き方が悪い」
と反論しました。
そしたら、またかぶせてくんの!!
「じゃあ、どうやったらいいですか」

知るか! オノレが考えれ!!! 

……とキレたいのは山々ですが、これでも一応、元広告屋の端くれ。レッスンや授業のユニバーサル化を追い求める現役講師でもあります。思ったことを伝えました。そしたら、「なるほど」と普通の返事。なんやそれ。
でもその返事が本当に「なるほど……」だったので、本部にクレーム入れようと思ってたけど、やめました(笑)。

その後、マシン周りがちょっとずつマシになりました。
全店、ちょっとずつマシになっていると思います。
でもまだまだまだまだ分かりにくい。ごちゃごちゃ書いてあるシールが増えただけ。
読んでる暇がある人ばかりだと思うなよ、っていうんですよ。

で、最近知ったのですが、安いコーヒーを注文しておいて、店員が見てないサーバーでわざと間違えて高いコーヒーを淹れる客がいるとか。
それだと思われたのか、私は。
失礼にもほどがあるね!! まぁちょっと、怒りが再燃しましたけども。

セブンイレブンさんん、ユニバーサルデザインのプロを入れたらどうですか。まじで。って思います。。。

| 徒然るつぶやき | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンサンブル@上組児童館11/19

おさらい会の翌日、夕方からはアンサンブル・サンライズの一員として、上組児童館へ。

「アンサンブルサンライズ」は、学校を退職された先生方が「第二の人生、まだまだこれから!」と、趣味を謳歌されているアンサンブルです。ヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオ。そしてフルート(その他)の私が常時参加しているメンバーです。
私は昨年の5月にゲストとしてお呼びいただき、その御縁で引き続きご一緒させて頂いています。
上組児童館での演奏は、サンライズとして3回目、私は2回目の訪問演奏となりました。

間もなく開演です。
ですが、私、あろうことか、靴を忘れてきてしまいました(><)。
たまたま持ってきていたサンダルで代用……そんな、開演前のバタバタ(笑)。

子どもたちも演奏会場へ入ってきて、サンライズメンバーもスタンバイ。

20181119-1

はい、ひょっこ〇はん。


4人でのアンサンブルの合間に、せっかくなのでソロ楽器もじっくり聴いてもらいます。
ひとつひとつの楽器の音を聴くことも大事。ヴァイオリンやチェロの演奏なんて、なかなか目の前で見られません。しかもこんなに至近距離!

20181119-3

私はせっかくなので、フルート、オカリナ、リコーダーを持ち替えてのソロを。
皆さんが学校で習っているリコーダー、こんな曲も吹けるんですよ、と聴いてもらうのも大事。


帰りに館長さんより、お土産を頂きました。恐縮です!

20181119-2

江口だんごさんの「縄文古代もち」。これ美味しい~。



子どもたちに聴かせる演奏について、いつも思うのですが。
クラシック=つまらない・子どもが聴かない、とばかりにノリの良い曲ばかり聴かせていると、ますます食わず嫌いになるのです。ノリの良い曲、楽しい歌詞の付いている曲、音が多い(演奏人数が多い)演奏形態は、聴ける程度のレベルであれば、そこそこ聴けるものになります。
しかし、クラシックには、音が並んでいるだけで、ノリも良いわけでは無い曲がたくさんあります。
読みもので言えば、マンガや携帯小説とは違う、詩や俳句の世界。
深く楽しむには、深い教養が必要となる場合もあります。
これを聴いてもらう。

ちゃんとした演奏を、楽しい曲の中に織り交ぜて紹介すれば、静かな美しい曲の良さもちゃんと伝わります。
いろんなシチュエーションに馴染めるようになる小学生の頃は、耳がまだまだ育つ時期でもあります。感性を養うという意味でも、たまには静かな環境の中、美しい音楽をじっくりと聴いて欲しい。



こういった演奏の機会があることは、とってもいい。
小学生のためというより、将来的に素敵な大人を増やせる機会をもらえた、私にとって凄く良いという意味だけど(笑)。

| ♪楽器・演奏・教室 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT